tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 土筆、雪柳、土佐水木、紅白沈丁花 そして 万葉集より抜粋 

<<   作成日時 : 2017/03/12 18:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

つくし(土筆)  トクサ科  トクサ属

学名: Equisetum arvense

原産地: わが国の各地をはじめ、北半球の暖温帯地域に広く分布

夏緑性シダ類

平地から山地にふつうに生え、高さは20〜40センチになります。地上茎には2形あり、栄養茎を「すぎな」、胞子茎は「つくし(土筆)」と呼ばれます。成熟すると茎の頭部から胞子を飛散させます。「つくし」の名前は、地中から天に向かって「突く」さまから。食べない地方もあるみたいですが、卵とじやお浸し、みそ汁に入れたりもします。

見え難いかも知れませんが今年初めて見る土筆です。左は未だ若いのですが右の方はもう取ろうかという気も起きません。




画像

画像

ゆきやなぎ(雪柳)  バラ科  シモツケ属

学名: Spiraea thunbergii

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに中国に分布

落葉小低木

3月から4月ごろ、散形花序をだして真っ白な花をいっぱい咲かせます。淡いピンクの花を咲かせる品種もあります。別名で「コゴメバナ(小米花)」とも呼ばれます




画像

画像

とさみずき(土佐水木)  マンサク科  トサミズキ属

学名:  Corylopsis spicata

原産地: わが国の四国、高知県だけに分布

落葉低木

蛇紋岩地や石灰岩地に生え、高さは4メートルほどになります。葉は卵円形から倒卵円形で互生します。3月から4月ごろ、葉に先だって、淡黄色の花を下垂して咲かせます。雄しべの葯が紅色なのが特徴です。




画像

画像

画像

画像

画像

画像

じんちょうげ(沈丁花)  ジンチョウゲ科  ジンチョウゲ属

学名: Daphne odora

原産地: 中国が原産

常緑低木

わが国へは室町時代に渡来したといわれています。名前は、沈香のような匂いがあり、「ちょうじ(丁子)」のような花をつけることから。春まだ浅い2月から3月ごろ、外が赤紫色、内側が白色の花を咲かせます。この花のように見えるのは、花弁ではなく萼です。これを採取して日干ししたのを、漢方では瑞香花(ずいこうか)と呼び、うがい薬として用いられています。雌雄異株ですが、わが国にはほとんど雄株しかないため、ふつうには花が咲いても実を結びません。






巻十九.・四一七三  天平勝宝二年三月二十三日、作者:大伴家持、代作,坂上大嬢、悲嘆,別離,贈答,高岡

[題詞]贈京丹比家歌一首  

妹乎不見  越國敝尓    経年婆   吾情度乃    奈具流日毛無
いもをみず こしのくにへに としふれば あがこころどの なぐるひもなし


<大意>
妹を見ず 越の国辺に 年経れば 吾が心どの なぐる日もなし 


[tabibito的解釈]
愛しい人にお目にかからないで、越の国で年を過ごしていますと、わたしの心のなごむ日もありません


<一言>
代作,坂上大嬢、悲嘆,別離,贈答,高岡と有るように家持が奥さんの代わりに手紙を書いているのですが当時の良家の女性は教育は十分受けていますからこのような「あんた私の代わりに手紙を書いてよね」なんて事はめったに無いのですがどうしたのでしょうか?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土筆、雪柳、土佐水木、紅白沈丁花 そして 万葉集より抜粋  tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる