tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS オキザリス・フラウァ、秋明菊、黒竹 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/11/02 16:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

オキザリス・フラウァ  カタバミ科  カタバミ属

学名: Oxalis flava

原産地: 南アフリカが原産

多年草

最初、この花を見たときは写真のような葉っぱのオキザリスが有るとは知らなかったので
花を育てている人に聞いてオキザリスだと知りましたが次に名前が解りません散々調べた結果がこれでした。
鱗茎は長さ10〜20ミリほどで、茎にはいくつかの褐色の茎を抱く鱗片があります。葉は鳥足状複葉で、狭長楕円形から線形の小葉が4〜7個つきます。9月から11月ごろ、直径25ミリほどの鮮黄色の花を咲かせます。ときおり花弁の縁が紫色を帯びます。




画像

画像

シュウメイギク(秋明菊)  キンポウゲ科  イチリンソウ属

学名: Anemone hupehensis var. japonica

原産地: 中国が原産
多年草

名前に菊と付いていますが上に記したようにキク科ではなくてアネモネの仲間であるキンポウゲ科です。
何故キクと名がついているかと言うと葉が菊の葉に似ているからではないかと思います。
わが国へは古い時代に渡来し、各地に帰化しています。とくに京都市北部の貴船に多く見られるため、「きぶねぎく(貴船菊)」の別名もあります。高さは50〜80センチほどになり、9月から11月ごろ、白色やピンク色の花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。




画像

画像

画像

画像

クロチク(黒竹)  イネ科  マダケ属

学名:  Phyllostachys nigra

原産地: 中国の黄河流域以南に分布 

常緑タケ類

昨日テレビで黒竹に花が咲いたと言うニュースを聴いて私の良く行く公園にも黒竹が有るので気になって行ってきましたが花は咲いていませんでした。
普通竹は花が咲くとその後は竹藪全体が枯れると言いますからね、
桿の直径は2〜3センチほどで、高さは3〜5メートルになります。桿ははじめ緑色ですが、夏を過ぎるとだんだん黒くなり、2年ほどで真っ黒になります。庭園に植栽されたり、毛筆の柄にしたり建築用や装飾用に利用されます。



万葉集より抜粋

巻十九・四一五七 天平勝宝2年3月3日,作者:大伴家持推敲,帰雁,高岡
   
[題詞]潜鸕歌一首 并短歌

紅乃    衣尓保波之   辟田河   絶己等奈久   吾等眷牟
くれなゐの ころもにほはし さきたがは たゆることなく われかへりみむ


<大意>
紅(くれなゐ)し衣にほはし辟田川(さきたかは)絶ゆることなく吾かへり見む


[tabibito的解釈]
紅の衣を色鮮やかに染めて、この辟田河を、これからも絶えることなくわたしは訪れて眺めよう


<一言>
さきたがわ【辟田川】: 富山県高岡市伏木から遠くない川であろうが、諸説があり所在未詳。二上山中から発し伏木国分地内を流れて富山湾に注ぐ加古川に擬する説、二上山の北側西田を辟田の音便によって生じた地名であるとして西田地方を流れる泉川に擬する説、氷見市の上庄川・余川川のいずれかに擬する説、小矢部川支流の子撫川に擬する説などがある。

にほはし【匂はし】: 艶やかに匂わせて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もも先生さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2016/11/04 22:27
般若苑さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2016/11/04 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
オキザリス・フラウァ、秋明菊、黒竹 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる