tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉簾、アフリカ鳳仙花、角虎の尾 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/09/02 16:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

九月に入りましたね、秋、突入と言って宜しいのでしょうか?
そういえばナントナク朝、夕涼しくなってきましたし今朝など赤とんぼが飛んでいました。
画像

画像

画像

タマスダレ(玉簾)  ユリ科  タマスダレ属

学名: Zephyranthes candida

原産地: 南アメリカのブラジルが原産

常緑多年草

葉は扁平な線形で、長さは40センチほどになります。7月から10月ごろ、花茎を伸ばして白色の花を咲かせます。鱗茎にはアルカロイドが含まれ、誤って食べると嘔吐や痙攣などを起こします。属名は、ギリシャ語の西風(zephyros)と花(anthos)から。




画像

画像

インパチェンス(アフリカ鳳仙花)  ツリフネソウ科  ツリフネソウ属

学名:  Impatiens sp.

原産地: アフリカの東部や南部が原産

一年草  

わが国の「ツリフネソウ」などの近縁種で、湿地帯に生え、高さは20〜30センチになります。葉は卵形でやわらかく、互生します。7月から9月ごろ、赤色や白色、ピンク、オレンジ色などの花を咲かせます。




画像

画像

画像

画像

カクトラノオ(角虎の尾)  シソ科  ハナトラノオ属 

別名: フィソステギア 

学名: Physostegia virginiana

原産地: アメリカの中・南部からメキシコが原産

多年草

高さは60〜120センチほどになり、茎には4稜があります。8月から9月ごろ、茎の先の総状花序に淡紅色や白色の花を咲かせます。





万葉集より抜粋

巻十九・四一五〇 天平勝宝2年3月3日,作者:大伴家持推敲,帰雁,高岡
   
[題詞]遥聞泝江船人之唱歌一首

朝床尓   聞者遥之    射水河   朝己藝思都追  唱船人
 あさとこに きけばはるけし いみづかは あさこぎしつつ うたふふなびと


<大意>
朝の床のなかで耳を澄ますと遠くはるかから聞こえてくる。射水河を朝漕ぎながら歌う舟人の声が


<一言>
題詞: 川をさかのぼってゆく船人の歌声をはるかに聞く歌一首

はるけし【遥けし】 遥か遠くから

いみづかわ【射水河】: 小矢部川の古称。富山県西南部の大門山に発し、小矢部市を経て高岡市伏木で富山湾に注ぐ。奈良朝には、津沢南方で庄川と合流し、砺波平野の西部を流れて越中国府付近から富山湾へ注いでいた。その後、小矢部川・庄川の合流点は時代によって変動があったが、明治末期から大正初期にかけての河川改修工事によって庄川が分離した

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玉簾、アフリカ鳳仙花、角虎の尾 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる