tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 夾竹桃、小紫、百日紅 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/08/29 07:14   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

キョウチクトウ(夾竹桃)  キョウチクトウ科  キョウチクトウ属

学名: Nerium indicum

原産地: インドから地中海沿岸にかけてが原産

常緑低木

高さは4〜5メートルほどになり、厚い皮質の葉を3個ずつ輪生させます。夏の間じゅう、枝の先に集散花序をだして、紅色の花を咲かせ続けます。花色にはピンク色や白色もあります。葉や樹皮には強心成分が含まれるため、食べると嘔吐や目眩、下痢などを起こします。




画像

画像

画像

コムラサキ(小紫)  クマツヅラ科  ムラサキシキブ属

別名: コシキブ(小式部)

学名: Callicarpa dichotoma

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布  

落葉低木

高さは2メートルほどになります。葉は倒卵状長楕円形で対生し、先端が尾状に尖ります。鋸歯は先端に近い上半分にしかありません。7月から8月ごろ、葉腋のすこし上から集散花序をだし、淡紅色の小さな花を咲かせます。果実は10月から11月ごろ、球形で光沢のある紫色に熟します。名前は「むらさきしきぶ」に比べて、全体に小型なことから。別名の「こしきぶ(小式部)」は平安の女流歌人、小式部内侍に因みます。




画像

画像

サルスベリ(百日紅)  ミソハギ科  サルスベリ属

学名: Lagerstroemia indica

原産地: 中国の中部から南部が原産

半常緑高木

サルスベリの花色は紅色、ピンク、白色と有りますが写真のものは園芸種でしょうかピンクと白色の中間の色合いをしています初めて見ました。




万葉集より抜粋

巻十九・四一四九 天平勝宝2年3月3日,作者:大伴家持推敲,帰雁,高岡
   
[題詞]聞暁鳴雉歌二首

足引之   八峯之鴙    鳴響    朝開之霞    見者可奈之母
あしひきの やつをのきぎし なきとよむ あさけのかすみ みればかなしも


<大意>
あしひきの 八つ峰の雉 鳴き響む 朝明の霞 見れば悲しも 


[tabibito的解釈]
峰々の雉が騒ぎ立てている夜明けの霞を見ると、せつなく悲しいなあ


<一言>
[題詞]聞暁鳴雉歌: 天平勝宝二年三月三日の明け方に、雉が鳴く声を聞いた歌二首の二首目。

あしひきの【足曳きの】〔枕詞〕: 「山」「を(峰)」に掛かる。

なきとよむ【鳴き響む】: 響くばかりに鳴く。  

きじ【雉】: 平地や低山などに棲息し、4〜7月頃にかけて繁殖する。3月頃から、雄はケーン、ケーンと大きな鳴き声で存在を知らせ、縄張りをつくる。また、羽を打ち鳴らしドドーと音を出す「ほろうち」と呼ばれる動作を繰り返し、存在をメスにアピールする。留鳥で、尾が長くオスは大きく鮮やかな羽を持つ。

tabibito註):: この歌は説明の必要はないかと思いますが大伴家持はこの越中には単身赴任ですから、雌の雉をを求めて泣く雉のこえは切なく想えたのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夾竹桃、小紫、百日紅 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる