tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 待雪草、鈴蘭水仙、冬知らず そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/03/04 18:42   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

画像

画像

スノードロップ  ユリ科  ガランツス属

別名: 待雪草

学名: Galanthus nivalis

原産地: ヨーロッパ南部からコーカサス地方に分布

多年草

落葉樹の林内に生え、高さは15〜20センチになります。葉は幅6ミリほどの線形で根生します。冬の終わりの2月ごろ、花茎を伸ばして、小さなベル形の白い花を咲かせます。内花披片の先端に緑色の斑があるのが特徴です。アダムとイブが楽園を追われたとき、天使がイブを慰めるために降る雪に息を吹きかけたところ、その雪の落ちたところから咲いたという伝説があります。和名では「まつゆきそう(待雪草)」と呼ばれます。





画像

画像

画像

スノーフレーク  ユリ科  レウコユム属

別名: 鈴蘭水仙

学名: Leucojum aestivum

原産地: オーストリア、ハンガリーおよびヨーロッパ南部が原産

多年草

「すいせん」のような茎に、「すずらん」のような白い花を咲かせることから、「すずらんずいせん(鈴蘭水仙)」の別名があります。花披片の縁の緑色の斑点が特徴です。3月から4月ごろに咲き、「すみれ」のような芳香があります。




画像

画像

画像

フツシラズ(冬知らず)  キク科  キンセンカ属

学名: Calendula(属の総称)

原産地: 地中海沿岸が原産

一年草

「きんせんか」の近縁で、高さは20〜30センチになります。11月から4月ごろ、鮮やかな黄色の直径1〜2 センチの花を咲かせます。和名は、真冬でも次つぎと花を咲かせることから。日がさすと花が開き、夕方には閉じてしまいます。





万葉集より抜粋

[題詞]天平感宝1年5月15日,作者:大伴家持,教喩,律令,高岡,尾張少咋,儒教,木津

反歌。天平感宝元年五月十四日付。

巻十八・四一〇七  作者:大伴家持天平感宝1年5月15日,,教喩,律令,高岡,尾張少咋,儒教,木津

安乎尓与之 奈良尓安流伊毛我 多可〃〃尓 麻都良牟許己呂 之可尓波安良司可
あをによし ならにあるいもが たかたかに まつらむこころ しかにはあらじか


<大意>
あをによし 奈良にある妹が 高々に 待つらむ心 しかにはあらじか


[tabibito的解釈]
麗しの奈良の都にいる妻は玄関先で爪先だって今か今かと私の帰りを待っていよう妻の心の思いはそういうものではないのか


<一言>
たかだかに【高々に】: 爪立ちして待ち望むさま。

しか【然】: そのように。 さように。

あらし(アルラシの約)あるらしい





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
もも先生さまへ
気持ち玉を頂戴し有難うございました。
tabibito
2016/03/04 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
待雪草、鈴蘭水仙、冬知らず そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる