tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 金柑、女郎花、藪蘭 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/07/24 05:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

夏バテなのでしょうか?ソレトモ体調不良から来るものでしょうか?
このところブログの更新が思うに任せません。
親しい友人からお気遣いの電話やコメントが入っていましたがご心配をおかけいたしました。
未だ生きていますからご安心ください。
画像

画像

画像

画像

画像

キンカン(金柑)  ミカン科  キンカン属

学名: Fortunella sp.

原産地: 中国

常緑低木

わが家のキンカンが花をつけましたミカン科らしい白い花ですがよく見ると小さなグリーン色の実が出来ていました。そして驚くべきことに今年の春出来た実がオレンジ色でまだ残っていました。
一枚目の写真に花と赤ん坊の実と前回の実が同時に写っている筈ですが解りますか?
写真をクリックして頂くと画面が拡大されます。一度拡大したあともう一度クリックすると尚大きくなりますから探してください。
金柑には知らなかったのですが種類があるようで「ねいはきんかん(寧波金柑)」、「まめきんかん(豆金柑)」、「まるきんかん(丸金柑)」それに「ながきんかん(長金柑)」などがあります
が、生食用に販売されるのは「ねいはきんかん」です。
わが家のキンカンはこの内の春から秋にかけて花を3回咲かせることから、「ナガキンカン」のようです。



画像

画像

オミナエシ(女郎花)  オミナエシ科  オミナエシ属

学名:  Patrinia scabiosaefolia

原産地: わが国の各地をはじめ、東アジアに広く分布

多年草

日当たりの良い山野の草地に生え、高さは60〜120センチになります。茎は直立して上部で分枝し、葉は羽状に深裂します。秋の七草のひとつです。8月から10月ごろ、枝先の散房花序に先が5裂した黄色い花を咲かせます。名前は、この花を粟飯に見立てた女飯(おみなめし)に因みます。別名で「あわばな(粟花)」とも呼ばれます。



画像

画像

画像

画像

画像

ヤブラン(藪蘭)  ユリ科  ヤブラン属

学名: Liriope platyphylla

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに台湾や朝鮮半島、中国に分布

常緑多年草

8月から10月ごろ、穂状花序をだし赤紫色の花を咲かせます。果実は刮ハで、その果皮は熟す前に落ち、黒紫色の種子がむき出しなって果実のように見えます。また根は漢方薬として用いられ、鎮咳、去痰、滋養強壮などの効果があるといいます。






万葉集より抜粋

天平廿年春三月廿三日左大臣橘家之使者造酒司令史田邊福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒

題詞]天平廿年春三月廾三日左大臣橘家之使者造酒司令史田<邊>福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒
  
巻十八・四〇三四 作者 田邊史福麻呂 歌一首

奈呉能宇美尓 之保能波夜非波 安佐里之尓 伊泥牟等多豆波 伊麻曽奈久奈流
なごのうみに しほのはやひば あさりしに いでむとたづは いまぞなくなる


<大意>
奈呉の海に 潮の早干ば あさりしに 出でむと鶴は 今ぞ鳴くなる
 

[tabibito的解釈]
奈呉の海で潮が早く引いたら直ぐにも餌を捕りに行こうと鶴が今盛んに鳴きあっています


<一言>
あさり【漁り】: (動物が)餌をさがしもとめる。 

いでむと【出でむと】: 出向いて行こうと。

なくなる【鳴くなる】: 鳴いている。(後には「なる」→「なり」に変化。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 猛暑の中、金柑の青い実と白い花が、すがすがしいですね。
 お互いもう年ですね。無理をしないで過ごしましょう。
般若苑
2015/07/24 19:23
般若苑さまへ
コメントに気持ち玉も有難う御座いました。
いつまでも若いつもりで居ましたが母親が死んだ年齢に近くなっていることに気付きショックを感じています。
そうですね、無理をしないで過ごしましょう。
tabibito
2015/07/24 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
金柑、女郎花、藪蘭 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる