tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 入笠山と八千穂高原の花・続き そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/07/09 18:22   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

大碑会のメンバーが行った旅行の当初の目的の敦盛草を紹介するのを忘れていますね、
画像

画像

画像

アツモリソウ(敦盛草)  ラン科  アツモリソウ属
学名:  Cypripedium macranthum var. speciosum  多年草

画像

青くてきれいな花ですが名前が解りません?

画像

チドリソウ(千鳥草)  キンポウゲ科 チドリソウ属
学名: Consolida ajacis  別名: ヒエンソウ(飛燕草)  一年草

画像

画像

画像

画像

オオヤマレンゲ(大山蓮華)  モクレン科  モクレン属
学名:  Magnolia sieboldii ssp japonica  落葉低木

画像

ミヤマハンショウヅル (深山半鐘蔓)   キンポウゲ科  センニンソウ属
学名:  Clematis ochotensis  落葉蔓性低木

画像

画像

画像

ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)  イチヤクソウ科  イチヤクソウ属
学名: Pyrola incarnata  常緑多年草

画像

ヤグルマソウ(矢車草)  ユキノシタ科  ヤグルマソウ属
学名: Rodgersia podophylla  多年草  
画像

画像

キランソウ (金瘡小草)  シソ科  キランソウ属
学名: Ajuga decumbens  常緑多年草

画像

画像

画像

イワカガミ(岩鏡)  イワウメ科  イワカガミ属
学名: Schizocodon soldanelloides  常緑多年草

画像

マイヅルソウ(舞鶴草)  ユリ科  マイヅルソウ属
学名:  Maianthemum dilatatum  多年草

画像

画像

ナンバンギセル(南蛮煙管)  ハマウツボ科  ナンバンギセル属
学名: Aeginetiai ndica  一年草
万葉集の中では「思い草」の名でしばしば出て来ますから私のブログをお読みになっている方はご存知ですよね。

画像

画像

キバナウツギ(黄花空木)  スイカズラ科  タニウツギ属
学名: Weigela maximowiczii  落葉低木
入笠山は富士見町に有り、八千穂高原は佐久市にあります。
載せている花がそのどちらに有ったのか両方に有ったのか行かなかった私にはよくわからなかったのですがそこのところは行った方のどなたかがコメントを入れてくれるだろうと思っています。

そしてこの後、御射鹿池その他涼しげな滝もお見せしたいと思っています。





万葉集より抜粋

天平廿年春三月廿三日左大臣橘家之使者造酒司令史田邊福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒

題詞]天平廿年春三月廾三日左大臣橘家之使者造酒司令史田<邊>福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒
  
巻十八・四〇三二 作者 田邊史福麻呂 歌一首

奈呉乃宇美尓 布祢之麻志可勢 於伎尓伊泥弖 奈美多知久夜等 見底可敝利許牟
なごのうみに ふねしましかせ おきにいでて なみたちくやと みてかへりこむ


<大意>
奈呉の海に 舟しまし貸せ 沖に出でて 波立ち来やと 見て帰り来む


[tabibito的解釈]
奈呉の海に出たいので船をしばらく貸してくれ、沖に漕ぎ出て行って波が起こり立って打ち寄せてくるのを眺めて帰って来るから

 
<一言>
今日から万葉集は巻十八に入ります。
大波がやってくるのが見たい?物好きな、それとも自殺志望?こんなのも歌なんですかね?

しまし【暫し】: 暫らくの間。 暫時。

くや【来や】: 来るのではないか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アワモリショウマないしはヤマブキショウマとかとも思ったのですが、葉っぱがね、違うでしょ!ヤグルマソウの仲間と思うのですが・・・如何でしょうか??
suepon
2015/07/09 22:51
sueponさまへ
コメントを有難う御座います。
ヤグルマソウの葉もありますね、まだ花は蕾のようですよ右上にその蕾が写っていますね、
泡盛り升麻の葉は花の下に見えています。
tabibito
2015/07/10 07:24
今ではとても貴重な釜無アツモリソウの自然に咲いている姿をご覧になれて最高ですネ!
地元でもこういった光景は殆ど見られません・・・

東レの蘭栽培所で釜無アツモリソウの発芽に成功したと以前地元紙が伝えていました
もしかしたらこれから地植えが増えて行くかもしれませんネ
期待したいです!
ran1005
2015/07/11 09:01
ran1005さまへ
コメントを有難う御座います。
メンバーが撮った写真でもブログにすると自分も一緒に行ったような気になるものですね。
tabibito
2015/07/15 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
入笠山と八千穂高原の花・続き そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる