tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS メドセージ、ランタナ、カスミソウ、ピンク凌霄花 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/06/26 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

メドセージ  シソ科  アキギリ属

別名: サルビア グアラニティカ

学名: Salvia guaranitica

原産地: ブラジルおよびパラグアイ、アルゼンチン北部が原産

常緑小低木




画像

画像

ランタナ  クマツヅラ科  シチヘンゲ属

別名: シチヘンゲ(七変化)

学名: Lantana camara

原産地: 亜熱帯アメリカ原産

常緑小低木



画像

画像

カスミソウ(霞草)  ナデシコ科  カスミソウ属

学名: Gypsophila elegans

原産地: コーカサス地方が原産

一年草

結婚式のお祝いの花束におまけのようについているのをよく見かけますが、今回のようにじっくり見たことはありませんでした。(結構地味な花ですね)




画像

画像

画像

ピンクノウゼンカズラ(ピンク凌霄花)  ノウゼンカズラ科  パンドレア属

学名: Podranea ricasoliana

原産地: 南アフリカが原産

常緑蔓性低木




万葉集より抜粋

天平廿年春、大伴宿祢家持郡内巡航,

[題詞]婦負郡渡鵜坂河邊時作一首
  
巻十七・四〇二二 作者 大伴宿祢家持 歌一首

宇佐可河泊 和多流瀬於保美 許乃安我馬乃 安我枳乃美豆尓 伎奴〃礼尓家里
うさかがは わたるせおほみ このあがまの あがきのみづに きぬぬれにけり


<大意>
鵜坂川 渡る瀬多み この吾が馬の 足掻きの水に 衣濡れにけり


[tabibito的解釈]
婦負の郡の鵜坂川は馬で渡るに丁度いい瀬が多くてツイ調子に乗って何度も渡っていて私の乗る馬の足掻きのはね水で着ている衣がすっかり濡れてしまった


<一言>
婦負郡(めひのこほり)の鵜坂河の邊を渡りし時に作れる一首

うさかがは【鵜坂川】: 「鵜坂川」は今の神通川。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メドセージ、ランタナ、カスミソウ、ピンク凌霄花 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる