tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 深山酢漿草、灯台草、蚤の綴り、不明な花 そして 万葉集より抜粋 

<<   作成日時 : 2015/04/29 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日に引き続き野草です。
画像

画像

ミヤマカタバミ(深山酢漿草)  カタバミ科  カタバミ属

学名:  Oxalis griffithii

原産地: わが国の本州、東北地方南部から中国地方、四国それに中国からヒマラヤに分布

多年草



画像

画像

トウダイグサ(灯台草)  トウダイグサ科  トウダイグサ属

学名: Euphorbia helioscopia

原産地: わが国の本州以南から四国・九州、世界では北半球に広く分布

一年草

名前は、皿に菜種油を入れた灯明(とうみょう)をおく灯台(とうだい)に似ていることから。



画像

画像

画像

ノミノツヅリ(蚤の綴り)  ナデシコ科  ノミノツヅリ属

学名: Arenaria serpyllifolia

原産地: わが国の各地をはじめ、アジアの温帯から亜熱帯、ヨーロッパに分布

越年草

和名は、小さな葉を「のみ(蚤)」の短衣に喩えたもの。三枚目の写真は昨日も出しましたが本当はこちらで使う予定でしたがタチイヌノフグリの写真がうまく取れなくてノミノツヅリの方に写っているタチイヌノフグリの方がマシだったので両方に使いました(ゴメン)。



画像

画像
 
不明の花、花の形はアブラナ科ですが茎に沿ってイノコヅチの実に似たものが沢山付いていたのでてっきりイノコヅチの仲間だと思ったのですが調べてもよくわかりませんイノコヅチの花は薄緑色なのでどうやら別種類のものだと思いますがご存知の方教えてください。
と申していましたら十月のバラさまからhttp://blog.goo.ne.jp/ran10052005/m/201504
イヌガラシ若しくはイヌナズナではないかと教えていただきましたがどちらとも決めかねています。
 


万葉集より抜粋

天平19年2月20日,年紀,作者:大伴家持,病気,悲嘆,無常,高岡,富山

[題詞守大伴宿祢家持贈掾大伴宿祢池主悲歌]一首

巻十七・三九六六 作者  越中守大伴宿祢家持 歌一首

宇具比須乃 奈枳知良須良武 春花    伊都思香伎美登 多乎里加射左牟
 うぐひすの なきちらすらむ はるのはな いつしかきみと たをりかざさむ


<大意>
鴬の 鳴き散らすらむ 春の花 いつしか君と 手折りかざさむ


[tabibito的解釈]
鶯が鳴いて春の花を散らしている、いつになったらあなたと一緒に桜の花を手折り髪にかざして楽しむことができるだろう


<一言>
この歌は病気見舞いに来てくれた、大伴池主に何時になったら二人で花を愛でながら歩くことができるだろうかと言っているところです。

なき・ちら・す【鳴き散らす】: 鳥が鳴いて、その羽風で花などを散らす。

いつ・し・か【何時しか】: シは強めの助詞。 カは疑問の助詞。 @いつのまにか。 知らぬ間に。 いつの日か。 そのうちに。

かざ・す【挿頭す】: (髪挿すの転)@花・枝・造花を髪または冠にさす。 A飾り付ける。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
信州も日に日に春めいて色んな植物に出会えます
ミヤマカタバミが群生しているところが在るのですか・・・
私も伊那のある場所に群生地が在るのを知って居ます
多分連休明けには咲くと思われますので是非行ってみたいと思って居るところです
黄色い4弁のイヌガラシは霧ヶ峰でも群生して除去に苦慮している植物です
毎年ボランティアが駆除に当たって居ます
広範囲に一面に咲いている様子はとても美しい景観ですが生態系を変える外来種・雑草と言う事で目の敵にされています
もしかしたら同種イヌガラシかも知れません・・・
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B7

ロマンチックですが現代では桜の花を手折る人は居ませんネ・・・
ran1005
2015/04/30 11:01
追伸
早とちりでスミマセン・・・
イヌナズナの方かもしれません
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%83%8A&ei=UTF-8&rkf=1
ran1005
2015/04/30 11:08
ran1005さまへ
コメント有難うございました。
最初に「ミヤマカタバミ」の件ですが、群生ではありません、偶々見つけましたが周囲の余計なものができるだけ入らないようにそれでもっていかにも群生しているかのように見せるのもテクニックのうちです(笑い)。
黄色のアブラナのように見える花調べていただいたのですね、有難う御座いました。
葉の方はイヌガラシの方が似ていますが花の方はイヌナズナによくにています。
今のところどちらとも決めかねています有難う御座いました。
tabibito
2015/04/30 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
深山酢漿草、灯台草、蚤の綴り、不明な花 そして 万葉集より抜粋  tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる