tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇帝ダリア、クレロデンドルム・ウガンデンセ、パキスタキス・ルテア そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/11/11 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

画像

画像

画像

キダチダリア(木立ダリア)  キク科  ダリア属

別名: キダチダリア,コウテイダリア(皇帝ダリア)
     
学名: Dahlia imperialis
 
原産地: メキシコ

多年草



画像

画像

画像

クレロデンドルム・ウガンデンセ  クマツヅラ科  クサギ属 

学名: Clerodendrum ugandense

原産地: 熱帯アフリカ

常緑低木



画像

画像

パキスタキス・ルテア  キツネノマゴ科  パキスタキス属

学名: Pachystachys lutea

原産地: 西インド諸島から南アメリカ

常緑小低木


  
万葉集より抜粋

原文及び読み

序詞,問答,恋雑歌,回想,歌謡 

巻十六・三八七四   作者: 不明 

所射鹿乎  認河邊之    和草    身若可倍尓   佐宿之兒等波母
 いゆししを つなぐかはへの にこぐさの みのわかかへに さねしこらはも


<大意> 
射ゆ鹿を 認ぐ川辺の にこ草の 身の若かへに さ寝し子らはも


[tabibito的解釈]
その柔らかい草のように身も心も若かった頃抱いた乙女を思い出す


<一言>
御参考までに 日本書紀歌謡 斉明天皇四年 皇孫建王の葬送の儀礼での御歌に

射(い)ゆ鹿(しし)を認(つな)ぐ川辺の和草(にこくさ)の若(わか)くありきと吾(あ)が念(も)はなくに
(【通釈】弓を射られた鹿や猪の足跡を追ってゆくと、川のほとりに出る。そこに生えている、萌え出たばかりの草のように、あの子は幼かっただろうか? いいや、幼すぎたとは、思わないけれども、それでも悔やまれてならない。)

いゆ【射ゆ】 : 矢で射た。

しし【鹿】 : 鹿。

つなぐ【認ぐ】 : 血痕・足跡などを頼りに、逃げた獣の後をつける。

にこぐさ【和草】 : 柔らかな草。

わかかえ【若かへ】 : 年の若い頃。

さねし【さ寝し】 : (サヌの名詞形)ねること。 共寝すること。

注)射(い)ゆ鹿(しし)を使った類似の歌はもう一首http://a-oohikai-z.at.webry.info/201211/article_18.html 有りますが矢張り元歌は斉明天皇の歌だと思います参考までに読んで見て下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
皇帝ダリアは、いつ見ても、青空をバックに、堂々としていますね。このような花が咲かせたくて、数年前に球根を植えましたが、完全に失敗しました。このような写真を見ると、それを思い出して、ちょっと落ち込みます。
 かあさんの「お茶にしようかな」のブログで、tabibitoさんが紹介されていた『サライ』を、今日、買いました。今年のカレンダーは、万葉集にちなんだ写真なので、tabibitoさん専用のようですね。
般若苑
2014/11/11 21:38
般若苑さまへ
「サライ」買われましたか、私は未だカレンダーの中は見ていません、が、万葉集に因んだカレンダーと言うことで来年が楽しみです。
私は元旦になってから開いて見るつもりですから、昔から私の悪い癖で美味しいものは出来るだけ後にして余り好きで無いものから食べると言う悪癖がいまだに直りません。
カレンダーもそうですが本誌の方は気に入られましたか?
私は中でも堀文子のエッセイと言うのでしょうか随筆と言うのでしょうかが好きでしたが今号では壇ふみさんが代わりに書かれていますね、堀さんも高齢ですからお休みなのでしょうかネ、
皇帝ダリア遠くからでもそれと解り花色もイイですからまた挑戦して見て下さい。(チョット疑問、ダリアですから黄色や臙脂色も有るのでしょうかピンクしか見たことが有りません)
tabibito
2014/11/12 09:08
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/11/12 09:09
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/11/12 09:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇帝ダリア、クレロデンドルム・ウガンデンセ、パキスタキス・ルテア そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる