tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 柊、山茱萸、ランタナの実とヤマトシジミ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/10/30 10:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

今日も良いお天気です。



画像

画像

画像

ヒイラギ(柊)  モクセイ科  モクセイ属 

学名: Osmanthus heterophyllus

原産地: 本州(福島県以西)、四国、九州(祖母山)、沖縄、台湾

常緑小高木

キンモクセイが殆んど終わると待ちかねていたようにヒイラギの花が咲き始めました香りも金木犀と比べると少し上品な感じですがウッカリすると金木犀の香りと勘違いしてしまいます。



画像

サンシュユ(山茱萸)  ミズキ科  ミズキ属

別名: ハルコガネバナ、アキサンゴ、サワグサ、ヤマグミ 

学名: Cornus officinalis

原産地: 中国、韓国

落葉小高木

別名に有るように春は鮮やかな黄色の花が咲き、秋の今頃は写真のように真っ赤な実が「タベテゴラン!オイシイヨ」と言っているように鮮やかな珊瑚色で初めて見る人間を誘いますが漢方の薬にもなるコノ実の苦いこと!



画像

画像

画像

画像

画像

ランタナ  クマツヅラ科  ランタナ属 

別名: シチヘンゲ(七変化)

学名: Lantana camara

原産地: 北アメリカ南部〜熱帯アメリカ


常緑低木

ヤマトシジミの吸蜜しているランタナは花は綺麗だけれど実の方はどうにも食べてみようかと言った気持ちを起こさせません。



万葉集より抜粋

原文及び読み

筑前國志賀白水郎歌十首 

巻十六・三八六六   作者: 山上憶良 

奥鳥    鴨云船之    還来者   也良乃埼守   早告許曽
 おきつとり かもとふふねの かへりこば やらのさきもり はやくつげこそ


<大意> 
沖つ鳥 鴨とふ船の 帰り来ば 也良の崎守 早く告げこそ


[tabibito的解釈]
行方不明の船が帰って来たら也良の崎の番人よ早く知らせてください


<一言>
おきつとり【沖つ鳥】 : 〔枕詞〕「あじ」「鴨」などに掛かる。

とふ【飛ぶ・跳ぶ】 : 空中を舞動く意。 空を舞う。 行方をくらまし遠くへ消え失せる。 

やら【也良】 : 地名。

さきもり【防人・崎守】 : 崎守すなわち辺土を守る人の意。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/10/31 11:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
柊、山茱萸、ランタナの実とヤマトシジミ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる