tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 藪蘭、小紫、紫苑 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/09/04 11:13   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

今日は敢えて紫に統一して見ました。
画像

画像

画像

画像

ヤブラン(藪蘭)  ユリ科  ヤブラン属

学名: Liriope platyphylla

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに台湾や朝鮮半島、中国に分布

常緑多年草


画像

画像

画像

コムラサキ(小紫)  クマツズラ科  ムラサキシキブ属

別名: コシキブ(小式部)平安の女流歌人、小式部内侍に因む

学名: Callicarpa dichotoma

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布

落葉低木

コムラサキの花を覚えていますか?もう一度見たい方はコチラhttp://a-oohikai-z.at.webry.info/201306/article_24.html


画像

画像

画像

シオン(紫苑)  キク科  シオン属

別名: オニノシコグサ(鬼の醜草)

学名: Aster tataricus

原産地: わが国の本州、中国地方から九州、それに朝鮮半島や中国、シベリアに分布

多年草

別名の「鬼の醜草」はどう見たら醜なんて呼び名がつけられたのでしょうね????



万葉集より抜粋

原文及び読み

,詠酢醤蒜鯛水菜葱歌

巻十六・三八二九   作者 長忌寸意吉麻呂

醤酢尓   蒜都伎合而   鯛願    吾尓勿所見   水菜葱乃煮物
ひしほすに ひるつきかてて たひねがふ われになみえそ なぎのあつもの


<大意>
醤酢に 韮搗きかてて 鯛願ふ 吾れにな見えそ 水菜葱の羹


[tabibito的解釈]
醤と酢でのびるを混ぜ合わせ鯛に添えて和え物を作って食べようと想っているところに私にそんなものを見せるな水菜葱の煮物など


<一言>
この時代でも結構色んな料理法が有ったようですね歌を読んでる時急に同じものが食べたくなってきました。
矢張り酒の肴にピッタリだと思いますね。

ひしほす【醤酢】 : 醤油に酢を合わせたもの(所謂二杯酢ですね)。

つきかてて【搗きかてて】 : 混ぜ合わせて(箸でかき混ぜる感じが解りますね)。

なみせそ【な見えそ】 : 見せるんじゃない。 見せるな。

なぎ【菜葱】 : ミズアオイ。(葉を食用、花は鮮やかな青紫色) 

あつもの【羹】 : 煮物。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/04 20:50
空蝉さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/05 13:23
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/05 13:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
藪蘭、小紫、紫苑 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる