tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS ?、団扇サボテン、ブルーサルビア、金糸梅、姫柘榴 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/05/31 08:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

画像

ナンジャ?コレ!
ト、申していましたらran1005さまからクレマチスの花後の実だと教えて頂きました。



画像

画像

画像

ウチワサボテン(団扇サボテン)  サボテン科  オプンティア属

学名: Opuntia sp

原産地: アメリカ南西部からメキシコ

多年草

図鑑を見ると必ずと言っていい程「果実は赤紫色に熟して食用となります」と有るのですがレシピが書いてありません、なにを見れば料理の仕方が書いてあるのでしょう。


画像

画像

画像

画像

ブルーサルビア  シソ科  アキギリ属

学名: Salvia farinacea

原産地: アメリカの南西部、テキサス州からニューメキシコ州、それにメキシコに分布

多年草



画像

画像

画像

キンシバイ(金糸梅)  オトギリソウ科  オトギリソウ属

別名: ヒドコート

学名:  Hypericum patulum

原産地: 中国

半落葉低木


画像

画像

画像

ヒメザクロ(姫柘榴)  ザクロ科  ザクロ属

学名: Punica granatum cv. Nana

原産地: 地中海東部から北西インド

落葉低木

この花が好まれる秘密は矢張り弁当箱を開けると良く見られる「タコウインナー」に酷似しているからでしょうか?
花もオレンジ色で可愛いけれど・・・・・


万葉集より抜粋

原文及び読み

中臣宅守贈答,恋,悲別,女歌,難訓,狭野弟上娘子 

巻十五・三七六一   作者:中臣宅守

与能奈可能 都年能己等和利 可久左麻尓 奈里伎尓家良之 須恵之多祢可良
よのなかの つねのことわり   かくさまに  なりきにけらし   すゑしたねから


<大意>
世の中の 常のことわり かくさまに なり来にけらし すゑし種から
 

[tabibito的解釈]
世の中の普通の道理はこのようなものということだろう自分で蒔いた種とはいえこんな境遇に
 

<一言>
愛する女性の事以外考えていないかに見える中臣の宅守が何時もの歌とは趣が違いますね、半ば悟りの境地に入ったかに見えるのですが

つねの【常の】 : 何時もの。 普通の。当たり前の。

ことわり【理】 : (物事の理非を分かち定める意から。→断(ことわり)@道理。 条理。 A格式・礼儀にかなっていること。 B理由。 わけ。 B当然のこと。 もっともなこと。 

かく・さま【斯様】 : このようなさま。 このよう。

すえし【据えし】 : 据え置き。 そのままになる。

たね【種】 : 火種。 原因。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/06/01 10:00
nobaraサンより早く伺いましたネ
さつきの中の植物はクレマチスの咲いた後の種(?)です
信州では今未だ咲いている最中ですがやがてこうなります

本当ですネ!
私の写したブルーサルビアとはかなり様子が違いますネ
こちらのサルビアは白色もあるファリナセアという品種かも知れま
せんネ
蕾の頃白い密毛に包まれている印象ですネ

姫ザクロは実がなりますか?
面白い花ですネ

中臣の宅守サマは恋にうつつを抜かしているタイプの様に見えますが立派な常識人(?)の方ですネ
私も同感の時が多々あり、振り返り反省材料にしていますヨ

今日、入笠山のカラマツの芽吹きをアップしています
お出かけくださいませ
ran1005
2014/06/01 10:24
ran1005さまへ
コメントを有難うございました。
「ナンジャコレ?!」を教えて頂き有難うございました。http://ksbookshelf.com/DW/Flower/Fruit2.htmで
確認いたしました。↑を御存知でしたか?
中臣の宅守、宮中の女性に手を出した揚句流刑になったのですがあの当時その位で流刑になるものでしょうか?
源氏物語を読むと時代が違うのか?
それとももっと別の罪が有ったのかと思いますが今一つ理由がよく分からないのです。
tabibito
2014/06/01 11:46
ブルーサルビアがもう咲いていますか?
これが群生させる方が綺麗ですよね〜
ranさんのおっしゃってるファリナセアと同じですね。
似たのにラベンダーセージがあり混同します。
クレマチスって花後を見るとセンニンソウの仲間って事がわかりますね。 キンシバイとヒドコートは分けて考える方がいいようです。葉がきっかり対生で平べったい古来のキンシバイとは花径も違いますし。この頃古来の金糸梅はなかなか見ませんね〜 ヒドコートが強いし見栄えがいいから?
私は和風のお庭にはやはり金糸梅派です。
タコウインナーの姫ザクロ、カワユイ!

ちょっとした行き違いなど実生活にはありますね。
あとで弁明しても、後の祭りのような・・・
その時々で確認しておくことも必要なのかも。
ちょっと気の毒な感じもしますね。
nobara
2014/06/02 10:22
nobaraさまへ
クレマチスを自分で育てられている方は花後の姿も御存じでしょうが私のように専ら他所のお庭の花が頼りでブログを作ってい居る人間には「ナンジャ!コレ?」ってことは結構多いのです。
tabibito
2014/06/02 14:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
?、団扇サボテン、ブルーサルビア、金糸梅、姫柘榴 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる