tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS スミレ、アザミ、ゲンゲ、ナノハナ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/04/17 14:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

画像

アリアケスミレ(有明菫)  スミレ科  スミレ属 

学名: Viola betonicifolia var. albescens

原産地: 本州〜九州、中国、東南アジア、オーストラリア、ヒマラヤ

多年草


画像

画像

ノアザミ(薊)  キク科  ノアザミ属  

学名: Cirsium japonicum

原産地: 本州〜九州

多年草


画像

画像

画像

ゲンゲ  マメ科  ゲンゲ属

別名: レンゲソウ(蓮華草) 

学名: Astragalus sinicus

原産地: 中国

一年草

この花の呼び名あなたはどう呼んでいましたか私は”レンゲ”でしたが標準和名では”ゲンゲ”なのだそうですがご存知でしたか?

”やはり野に置け蓮華草”



画像

画像

ナタネ(菜種)  アブラナ科  アブラナ属

別名: アブラナ(油菜)、ナノハナ(菜の花) 

学名 Brassica campestris

原産地 スカンジナビア半島〜シベリア、コーカサス

一年草

コレも正式の名前は一体どれだろうかと思ってしまいますね。
  


万葉集より抜粋

原文及び読み

遣新羅使,長崎,対馬,

巻十五・三七一三     作者:作者不明

毛美知婆波 伊麻波宇都呂布 和伎毛故我 麻多牟等伊比之 等伎能倍由氣婆
 もみちばは いまはうつろふ わぎもこが またむといひし ときのへゆけば


<大意> 
黄葉は 今はうつろふ 吾妹子が 待たむと言ひし 時の経ゆけば


[tabibito的解釈]
黄葉が散って木々の色も変わる、妻がお待ちしますと言っていた再会の時が過ぎようとしている今、私の還りを待つと云ったその時が過ぎようとしている。もう逢えないのでは?


<一言>
山の木々の色が変わる時期は国に残した愛する人の心も変わるのではないかと気が気ではないのですね、

うつろふ【移ろふ】 : 『自四』(ウツルに接尾語フの付いた語) 移る。 場所が変わる。状態が変化してゆく。 盛りが過ぎる。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/04/18 07:28
アリアケスミレ、かわいいィーー☆
花の縞模様がなんとも粋ですね。
レンゲのほうがなじみがありますね。

昨日の事です、JAFメイト、読んでたら
風の歌の頁で星野富弘さんのサクラマンテマ”のスケッチが・・あれ?これってもしかしたらと調べてみました。
ある日、突然、庭にやってきて・・何年か居たと思ったら、いつのまにかいなくなって・・まるで寅さんみたいな草だった・・・の詩がつけられていました。
先日の不明??の花を思い浮かべました。
サクラマンテマ・ナデシコ科マンテマ属
先におしべが熟す雄性先熟、
あとからめしべがでてくるそうです。
サクラマンテマの花柱は3つらしく、
tabibitoさんの画像がその状態なのかと・・
参考サイト↓です。
http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/blog-entry-1181.html
下にスクロールしていただくとその現象?が。
マンテマ、ビランジ、の特徴だとは確認できます。
tabibitoさんのお写真がとてもクリアーなので
違うお花のように見えてしまいます。
落としどころはここらあたりかなと思われます。

もう逢えなくなる不安が・・・
黄葉が過ぎ散る頃になってつきまとう・・
心細い心情が感じられますね。
nobara
2014/04/18 08:44
nobaraさまへ
いろいろとお手数をお掛けしましたね、参考サイトも見せて頂きましたがイマイチ納得が出来ない所も有り最終結論は保留させて頂きます。
それはさておき今回のゲンゲUPしたものは自信作の積りです。
tabibito
2014/04/18 14:44
レンゲのお花の感想を述べていませんでした。
ほんとに凄く綺麗に撮れていますね。
特に最後のが細部までよくわかっていいですね。
気にかかる事があって失念しました。

納得いかなったのですね〜
私はtabibitoさんのお写真の3枚目の右上の
花の膨らみを発見してマンテマと確信しましたよ。
ご本人が納得なさらなければ
それはまた、別のお話ですね(*^-゚)⌒☆
この件はこれまでにいたします。
nobara
2014/04/18 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
スミレ、アザミ、ゲンゲ、ナノハナ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる