tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 南京菖蒲、ミモザ、アネモネ、 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/03/29 12:44   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

画像

ナンキンアヤメ(南京アヤメ)  アヤメ科  アヤメ属  

学名: Iris pumila

多年草

写真の周りに落ちている木の葉でお分かりでしょうか?このアヤメ背丈が10cmそこそこしか有りませんその癖一人前に文目紋がありますし立派に菖蒲の姿かたちです。


画像

画像


ギンヨウアカシア  マメ科  アカシア属

別名: ミモザ 

学名: Acacia baileyana

原産地: オーストラリア

常緑高木

ようやく黄色のポンポンが咲き揃いました。



画像

画像

画像

アネモネ  キンポウゲ科  イチリンソウ属 

学名: Anemone coronaria sp.

原産地: 栽培種

多年草



万葉集より抜粋

原文及び読み

遣新羅使,挽歌,雪宅麻呂,枕詞,哀悼,壱岐,長崎

巻十五・三六九四        作者:六人部(むとべ)鯖麻呂

和多都美能 可之故伎美知乎 也須家口母奈久 奈夜美伎弖 
 わたつみの かしこきみちを  やすけくもなく   なやみきて   

伊麻太尓母 毛奈久由可牟登 由吉能安末能 保都手乃宇良敝乎 可多夜伎弖  
 いまだにも もなくゆかむと ゆきのあまの ほつてのうらへを かたやきて 

由加武等須流尓 伊米能其等 美知能蘇良治尓 和可礼須流伎美
 ゆかむとするに いめのごと みちのそらぢに わかれするきみ


<大意>
わたつみの畏き道を安けくもなく悩み来て

今だにも喪なく行かむと壱岐の海人のほつての占部を肩焼きて

行かむとするに夢のごと道の空路に別れする君


[tabibito的解釈]
海神のいます恐ろしい道を心安まる思いの何一つなく此処まで来たが

今からは禍(わざわい)もなく行こうと壱岐の海人部の秀れた占い師が鹿の肩骨で焼き占なって

これから往こうとする矢先に夢のようにあの世へ旅立つ別れをする君よ


<一言>
かしこ【恐・畏き・賢】 : おそれおおいこと。 慎むべきこと。

やすけく【易けく】 : たやすいこと。 安らか。 安泰。

なやみきて【悩みきて】 : 苦しんで。 思い煩って。

も【喪】 : わざわい。 凶事。

ほって【最手・秀手】 : すぐれたわざ。 上手。

かたやき【肩灼】 : 古代鹿の肩甲骨を焼いて行った太占(ふとまに)。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/03/29 20:03
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/03/29 20:04
 この前の記事で見せてもらったサンズンアヤメも、印象に残っています。このナンキンアヤメも、春の光を浴びて紫色がきれいで、存在感がありますね。
般若苑
2014/03/30 19:55
般若苑さまへ
コメント有難うございました。
今回のナンキンアヤメの方が本当のサンズンアヤメではないかと思う程可愛らしい姿です。
おっしゃる通り色も鮮やかですから見つけた時は我が家でもコレを育てたいと思いましたよ。
tabibito
2014/03/30 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
南京菖蒲、ミモザ、アネモネ、 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる