tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜開花、花韮、蝶2種 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/03/25 18:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

未だ遠目には解り難いのですが近ずくとソメイヨシノの開花したのが目につくようになってきました。
大きな木に写真のような花が一つ二つですから通りすがりにチラッとでは気が付かないでしょうね。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
画像

ハナニラ(花韮)  ヒガンバナ科  ハナニラ属

別名: セイヨウアマナ 

学名: Ipheion uniflorum

原産地: アルゼンチン、ペルー、ウルグアイ

多年草


画像

イフェイオン・セロウィアヌム  ヒガンバナ科  ハナニラ属

学名: Ipheion sellowianum

原産地: ウルグアイ〜ブラジル南部

多年草

花ニラの近縁種ですが中心部の感じが少し違いますね。


画像

画像

画像

ヒメアカタテハ  チョウ目 タテハチョウ科 タテハチョウ亜科

学名: Cynthia cardui

大きさ: (前翅長)25-33mm

時 期: 4-11月

分布: 北海道・本州・四国・九州・沖縄


画像

モンシロチョウ(紋白蝶)  チョウ目 シロチョウ科 シロチョウ亜科

学名: Pieris rapae

大きさ: (前翅長)20-30mm

時 期: 3-11月

分 布: 北海道・本州・四国・九州・沖縄



万葉集より抜粋

原文及び読み

遣新羅使,天平8年,壱岐,挽歌,雪宅麻呂,枕詞,行路死人,長崎

巻十五・三六九〇        作者:不明

与能奈可波 都祢可久能未等 和可礼奴流 君尓也毛登奈  安我孤悲由加牟
 よのなかは つねかくのみと わかれぬる きみにやもとな あがこひゆかむ


<大意>
世間は 常かくのみと 別れぬる 君にやもとな 吾が恋ひ行かむ


[tabibito的解釈]
世の中はいつもこのように儚いものと言わんばかりに逝った君を偲びながら私は行きましょう


<一言>
に・や : (格助詞 ニ (のち断定の助動詞 ナリ の連用形となる)の下に疑問・質問の意を表す係助詞 ヤ の付いた形。 

もと・な : 『副』(「もと」は根元または根拠の意。 「な」は「無し」の語幹。 「もとづく所なく」が原義。)何のわけもなく。 やたらに。 しきりに。

あがこひゆかむ【吾が恋ひ行かむ】 : 私は貴方の事を忘れずに旅を続けていくのだろうか
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜開花、花韮、蝶2種 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる