山吹、芝桜、桃、大甘菜、トリトニア、山椒 そして 万葉集より抜粋

画像

画像

画像

ヤマブキ(山吹) バラ科 ヤマブキ属 学名:Kerria japonica 原産地:北海道~九州、朝鮮、中国

山吹は古来色としても人々に好まれてきたのは、昔の貨幣である小判が同じ色であることから小判を山吹色と呼び慣らして来たことからも解りますね、単に黄色ではないのです。


画像

画像

此方も山吹ですが此方は八重です。最初の江戸城を作った太田道灌に謂れのある古歌、

『後拾遺和歌集』にある兼明親王が詠まれたと言う
      「七重(ななえ)八重(やえ)花はさけども
         山吹のみのひとつだになきぞかなしき」

に詠まれている山吹は上の二種類の山吹の内どちらでしょうか?

ヒント:この二種類の内一つは実が出来ないのです。


画像

画像

画像

画像

シバザクラ(芝桜) ハナシノブ科 クサキョウチクトウ属 学名:Phlox subulata
別名:モスフロックス 原産地:アメリカ合衆国西部

花は小さいけれど密集して咲いていると華やかですね。


画像

画像

モモ(桃) バラ科 桃属 学名:Amygdalus persica (=Prunus persica)
原産地 中国北部

花も好きですが矢張り実を食べる方が好きです。


画像

画像

画像

オオアマナ(大甘菜) ヒアシンス科(ユリ科) オオアマナ属 学名:Ornithogalum umbellatum
別名:スターオブベツレヘム 原産地 ヨーロッパ

一般にはオーニソガラムとしてお店では売っていますね、スターオブベツレヘム と言うのは矢張りキリスト教徒関係が有るのでしょう


画像

画像

画像

トリトニア・ホワイトグローリ アヤメ科 トリトニア属 学名:Tritonia spp. 別名:ヒメアヤメ
原産地:南アフリカ


画像

画像

サンショウ(山椒) ミカン科 サンショウ属 学名:Zanthoxylum piperitum 原産地:北海道~九州、朝鮮南部

コレも花の一つです。サンショウは小粒でもピリリト辛いっていう言葉好きですね~シカシこれからはこのサンショウが一番活躍するウナギを食べるのが難しくなるとかドウシヨウ!



[万葉集より抜粋]


<原文及び読み>


巻十二・三〇九七          作者不明


左桧隈          さひのくま

桧隈河尓         ひのくまがはに

駐馬            うまとどめ

馬尓水令飲       うまにみづかへ

吾外将見         われよそにみむ


<大意>
さ檜隈檜隈川に馬留め 馬に水飼へ我れ外に見む



[tabibito的解釈]
檜の隈にある桧隈川の岸辺に馬を留めて、馬に水を与えて下さい。私は、その間、そっと
貴方の姿を覗き見をしましょう



<一言>
当然のことながら駐車では無くて駐馬になっているのが時代の表現ですね


奈良県高市郡明日香村檜前字ヒガキ





    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年04月15日 16:07
こんにちは
春花のオンパレード
八重のヤマブキ、我が家の庭にも咲きました
近所の方がめずらしいですねって
声をかけてくださいます
剪定したのでスカスカになりましたが
春の息吹を存分に楽しめる花です
2012年04月15日 17:10
ミックンさまへ
すっかり春に成りましたね、お宅でも山吹が咲いたのですね、タンポポを始め黄色は春の色です。
気持ち玉も頂き有難うございました。
2012年04月16日 11:22
「七重八重・・・」の歌は太田道灌が雨宿りに立ち寄ったボロ家の娘が作った歌だと思っていましたが、親王様の作でしたか。人にうそを言わなくてよかった。ありがとうございます。
万葉集の歌の方は好感がもてます。優しい人かな。
2012年04月16日 11:37
エフ・エムさまへ
私の知っている限りでは「ボロ家の娘」が言った言葉は「お恥ずかしゅうございます」の一言だけ言って山吹の枝を差し出したダケなのです。
内心では(兼明親王の歌を知らないの?いい加減に察して頂戴よ!)と言う意味を込めて、その癖(私は蓑は無いけれどあんたとは違って学だけは有るのよ)と嫌味を言っているのですね。
2012年04月18日 22:01
Hiro555さまへ
見て頂いたのですね有難うございました。
2012年04月29日 01:14
おばブーさまへ
見て頂いたのですね、有難うございました。

この記事へのトラックバック