ヒペリカム・アンドロサエマム、糸葉ハルシャ菊 そして 万葉集より抜粋

昨日はトウトウ一日雨模様のお天気に成りました。
七夕に色んな願いを書いた短冊を付けた笹竹も悲しい一夜を過ごしたことでしょう。
画像

画像

ヒペリカム・アンドロサエマム オトギリソウ科 オトギリソウ属 別名:小坊主オトギリ 原産地:南ヨーロッパ、中近東
これは見ての通り花の後の実の写真です。
直ぐご近所の庭に有ったのですがこの花がどんな色のどんな形の花だったか覚えが無いのです。
名前で想像はつくのですが「ヒペリカム」ですからね、黄色の花の筈ですが見た記憶が無いのです。
ご近所の花は育てて居られるご本人よりも私の方が詳しいと豪語している私が
実はこれ、調べて分かったのですが花よりも此の実の方を生け花として使うと言うのが流行っているそうなんですね、

画像

画像

イトバハルシャギク(糸葉ハルシャ菊) キク科 コレオプシス属 別名:シュッコンコスモス 原産地:北アメリカ

名前の通り葉が細い所からの名前ですが面白いのは属名の「コレオプシス」です、何だと思われますか?
コレオプシスと言うのは南京虫の事なのですが南京虫も御存じない世代の方にこれを話していると話が長くなり「これだから年寄りは嫌なんだよナ、話がナゲ~ェンだよ!」と言われるし知っているのが自慢に成る訳でもないので止めますが、マタマタ何処が南京虫なんだヨ!と、仰る向きにはこの花の種がそうなんだと言うことしか今のところ分かりません。未だ種の形も見てないのです。
                                  

年寄りの話が長いと言われ序でにハルシャ菊の「ハルシャ」も説明して置きましょうか?
私が生まれた頃の東京は未だ江戸と呼ばれていましたがその頃にこの花がオランダ船によって運ばれて来たのですがペルシャ産の菊と言ったのを日本人は「ハルシャ産の菊」と聞いたからなんですと!

画像

画像

これは説明は致しません。嫌いな方もいらっしゃるでしょうから、デモ、私はこれが好きなんですよ、居たらソーット指を近づけると必ず鎌を振りかざして此方を威嚇して来るのです。ナ~マイキ~ニ!



[万葉集より抜粋]

<原文及び読み>

巻八・一五二八          山上憶良

霞立            かすみたつ

天河原尓         あまのかはらに 

待君登           きみまつと

伊徃還尓         いゆきがへるに

裳襴所沾         ものすそぬれぬ

<大意>
霞立つ 天の河原に 君待つと い行き帰るに 裳の裾濡れぬ


[tabibito的解釈]
霞が立っている天の河原であの方が来られるのを行きつ戻りつしながら待って居たものだからスカートの裾がもうグッショリ!


<一言>
昨夜はお天気も良くなかったので織姫さんも気が気じゃ無かったでしょう、それで上手く逢えたのですか?

                               


   



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年07月08日 09:10
ヒマラヤのアオイケシご覧下さりありがとうございます
本当に・・・植物は例年同じように咲かないので逆に面白味がありますネ
遠方より出かけられても期待外れの事も多いにあり決してお誘いはできません

町おこしで静かになった商店を取り戻そうと・・・笹に願いを込めて吊るした七夕飾りが雨にぬれて悲しそうでした
しかし万葉集の表現は奥ゆかしくて女性がより女性らしく感じられますネ
こんな女性に私も戻りたい・・・
2011年07月08日 09:23
このヒペリカム、確かに小坊主という感じがしますね。
おいしそうですが、ヒペリカムですから毒なのでしょうか。
カマキリは、なにか人間に感情が伝わる昆虫に思えます。他の昆虫は何を考えているのかよく分からないのですが。
tabibito
2011年07月08日 10:25
ran1005さまへ
今からでも決して遅くは無いと思いますが、日頃の文面を拝見する限り十分奥ゆかしい女性と推察いたしております。
霧ケ峰高原に行けばお目当てのものには逢えなくとも必ず何か新しい発見が有るものでした。
もう一度あの辺りを歩きたいと、この蒸し暑い大阪では痛切に感じる毎日です。
tabibito
2011年07月08日 10:32
エフ・エムさまへ
確かにこの小坊主可愛いですね、見つけた時は花を見られなかったのは残念でしたが、直ぐにカメラを構えたくなる可愛らしさが有りました。
カマキリを毛嫌いする女性が多いのは残念ですが、スタイルが悪いのでしょうか?
動き等は結構ユーモラスな動きで愛すべき昆虫ですけれどね。
2011年07月09日 00:01
こんばんは。
日頃よりカマキリは哲学者のように見えると感じています。写真の被写体としては面白いポーズを沢山とってくれる貴重な昆虫ですよね。
tabibito
2011年07月09日 09:03
teddyyさまへ
カマキリ擁護者がもうお一方出来て嬉しいです。
エフ・エムさまはブログでも頻繁に昆虫が登場しますがteddyyさまは鳥は出てくるけれど蝶以外の昆虫は少ないと思っていました。
今後どんな昆虫が出た来るか楽しみです。
2011年07月11日 09:37
元気いっぱいのヤングママ、いっちゃんへ
気持ち玉を頂き有難うございました。

この記事へのトラックバック