台風19号、金木犀、パンパスグラス、花センナ、田舎菊 そして万葉集より抜粋

最初のうちは台風が関西から逸れてくれたことでホット一安心したのですが翌日になって東日本に未曾有の災害をもたらしたことを知り 改めて自然災害の恐ろしさに胸がつかれる思いを新たにしました。 それも現役で仕事をして居た頃よく行った土地の名前が次から次へと被災地として出てきて、覚えていた景色がすっかり跡形もなくなっているのを見たとき、当時お…
コメント:2

続きを読むread more

薄、仙人草、草山丹花、唐綿 そして万葉集より抜粋

十五夜が終わった頃になってこちらではススキが見ごろになっています。 ススキ(薄)  イネ科  ススキ属 学名: Miscanthus sinensis 原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東アジアに広く分布 多年草 高さは1~2メートルになり、長線形の葉が叢生します。8月から10月ごろ、花茎…
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花、白花曼珠沙華、木立朝鮮朝顔、青花藤袴、酢甲藤、 そして万葉集より抜粋

ヒガンバナ(彼岸花)  ユリ科  ヒガンバナ属 学名: Lycoris radiata 原産地: 中国南部の長江下流域が原産 多年草 わが国へは「いね」が伝わった縄文晩期に渡来しました。今では秋田・岩手県以南から沖縄まで広く分布しています。ただ北日本には少ないそうです。鱗茎にはデンプンが含まれ食用にも…
コメント:0

続きを読むread more

オキシペタラム、ツルバギア、ユーコミス、縷紅草、ナナカマド そして万葉集より抜粋

オキシペタルム・カエルレウム (瑠璃唐綿)   ガガイモ科  オキシペタルム属 学名: Oxypetalum caeruleum 原産地: 南アメリカのブラジル南部からウルグアイが原産 常緑多年草 高さは1メートルほどになり、全体に白い毛に被われます。葉は長楕円形で対生し、基部は心形です。5月から9…
コメント:0

続きを読むread more

ツクバネ朝顔、シラモンタナ、姫凌霄花、ブーゲンビレア、玉簾 そして万葉集より抜粋

ペチュニア (衝羽根朝顔)   ナス科  ペチュニア属 学名: Petunia x hybrida 原産地: ブラジル南部からウルグアイ、アルゼンチンにかけて分布 一年草または多年草 3月から10月ごろ、さまざまな漏斗形の花を咲かせます。花色には赤色やピンク色、…
コメント:0

続きを読むread more

日々草、向日葵、カリブラコア、含羞草 そして万葉集より抜粋

ニチニチソウ(日々草)  キョウチクトウ科  ニチニチソウ属 学名: Catharanthus roseus 原産地: インド洋のマダガスカルやモーリシャスが原産 多年草 乾燥などに強く、高さは60センチほどになります。最近では矮性の改良品種が出回っています。葉は楕円形で光沢があります…
コメント:3

続きを読むread more

女郎花、キャッツテール、檜扇 そして万葉集より抜粋

“酷暑お見舞い申し上げます。”  昼間は窓を開けるなり冷たい飲み物を飲むなりで何とか過ごしておりますが夜寝る時はエアコン無しでは眠ることが出来ません。 オミナエシ(女郎花)  オミナエシ科  オミナエシ属 学名: Patrinia scabiosaefolia 原産地: わが国の各地をはじめ、東アジアに広く分…
コメント:1

続きを読むread more

ムギワラギク、マンデビラ、アメリカンブルー そして万葉集より抜粋

ムギワラギク (麦藁菊)  キク科 ムギワラ属(ヘリクリサム属) 学名: Helichrysum bracteatum 原産地: オーストラリアが原産 多年草 わが国へは江戸時代の終わりに渡来しました。別名で「ていおうかいざいく(帝王貝細工)」とも呼ばれます。春まきは真夏から秋に、秋まきは…
コメント:1

続きを読むread more

禊萩、ベロペロネ、桔梗、牡丹臭木、百日紅 そして万葉集より抜粋

昨日やっと関西も梅雨が明けたと気象庁が宣言しました。 昨夜も寝苦しい一夜を過ごしました。 夏が来たのですね、私の嫌いな夏が、でも、夏が過ぎないと好きな秋も、好きな冬も、好きな春がやって来ないのです。 ただひたすらこの蒸し暑い夏の過ぎることを願いながらブログネタを探しに暑い日差しの中を歩きます。 ミソハギ(禊萩)  ミ…
コメント:4

続きを読むread more

梅雨明けは何時?そして万葉集より抜粋

来週中には梅雨が明けそうだと言う天気予報ですが、台風5号も近づいているようだしどうなるのでしょうかね? アメリカリョウブ(アメリカ令法)  リョウブ科  リョウブ属 学名: Clethra alnifolia 原産地: 北アメリカの東部、ノバスコシア州南部・メーン州からフロリダ州北部、それから西にテキサス州東…
コメント:1

続きを読むread more

カタツムリとアジサイそして、万葉集より抜粋

この季節は何とかして紫陽花にはカタツムリに登場してもらいたいものだと常日頃考えていましたところnomviviさんがワザワザ小野市で見つけたと言って虫かごに数匹そして、虫かごの底にはレタスまで敷き詰めて持ってきていただきました。 さっそく何時もの公園のアジサイが咲いているところに行き撮った写真がこれです。  
コメント:9

続きを読むread more

珊瑚花、姫檜扇水仙、花浜千振 そして 万葉集より抜粋

私がノートパソコンを開くのをいつも待ち受け画面で待っている「モズ君」です。 余談ですがようやく梅雨入りとなった関西地区午後から雨が降り出し今夜は相当雨がきつくなりそうですが ”誰だ雨男は!”キットG20サミットで日本にやってきた各国の首脳の中に居るに違いありませんね、 それと最も気になるのが将棋の藤井聡汰くんが明日28…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ストケシア、折り鶴蘭、紫君子蘭 そして 万葉集より抜粋

ストケシア (瑠璃菊)   キク科  ルリギク属 学名: Stokesia laevis 原産地: アメリカの南東部、サウスカロライナ州からフロリダ州北部、ルイジアナ州が原産 多年草   6月から9月ごろ、分枝した茎の先に「アスター」を大きくしたような青紫色の花を咲かせます。園芸品種には、ピンク色や白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

額紫陽花、仙人掌、アングレクム・レオニス、夏咲き天竺葵 そして 万葉集より抜粋

ガクアジサイ (額紫陽花)  アジサイ科  アジサイ属 学名: Hydrangea macrophylla f. normalis 原産地: 栽培種 落葉低木 「あじさい」は「がくあじさい」の変種として推定されていますが、詳細は不明です。また、すでに奈良時代にはあったと考えられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラシの木、紅合歓、アストロメリア、イソトマ そして 万葉集より抜粋

ブラシの木  フトモモ科  ブラシノキ属 学名: Callistemon speciosus 原産地: オーストラリアが原産 常緑低木 5月から6月ごろ、枝先に長さ5~10センチの穂状の花序をつけます。真っ赤なブラシのように見えるのは、雄しべと雌しべです。別名で「きんぽうじゅ(錦宝樹)」とも呼ばれます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒペリカム(弟切草3種)、 そして 万葉集より抜粋

オトギリソウ(弟切草) ナントも物騒な名前ですね、れっきとした花の名前です。 弟切草の花言葉は、そのかわいらしい姿に反して、ネガティブなものが多いですよね。これは、ある鷹匠の兄弟の伝説にちなんでいます。 昔、ある鷹匠は、鷹が傷ついたときの治療薬として弟切草を使っていました。仲間の鷹匠には草の名前を明かしていませんでしたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夾竹桃、ゴデチア (色待宵草) 、立葵、 そして 万葉集より抜粋

キョウチクトウ(夾竹桃)  キョウチクトウ科  キョウチクトウ属 学名: Nerium indicum 原産地: インドから地中海沿岸にかけてが原産 常緑低木 わが国へは江戸時代に渡来しました。高さは4~5メートルほどになり、厚い皮質の葉を3個ずつ輪生させます。夏の間じゅう、枝の先に集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

匂い天竺葵、黒種草、雪ノ下 そして 万葉集より抜粋

毎日暑い日が続きますね、今日は外には出ないで冷たいものを飲みながらゆっくりするつもりだったのですが、 昨日撮った写真が今一の出来だったので撮り直しに行ってきましたがモウ大変な暑さで汗だくになって帰ってきました。 昨日撮った写真は日差しが強すぎて花の日が当たっている個所が白抜けしていたので撮り直したのですが、 今日の最初から三枚目ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

下野、コンボルブルス・サバティウス、ジギタリス、箱根空木 そして 万葉集より抜粋

シモツケ(下野)  バラ科  シモツケ属 学名: Spiraea japonica 原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布 落葉低木 高さは1メートルほどになります。葉は狭卵形から広卵形で互生し、縁には不揃いな重鋸歯があります。5月から8月ごろ、本年枝の先端に複散房花序をつけ、小さな花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露草3種、紫御殿、 そして 万葉集より抜粋

トキワツユクサ(常盤露草)  ツユクサ科  ムラサキツユクサ属 別名: ハカタカラクサ(野博多唐草)   学名: Tradescantia fluminensis 原産地: 南アメリカ 多年草 南アメリカ原産の多年草で、地面を這うように拡がって生育する。ムラサキツユクサを小さくしたような花で、花色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more