tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 野点、オリーブの木、紅葉、黄葉 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2017/12/07 14:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は随分と冷え込んでいましたが日頃自堕落な生活をしているものですから今日だけ特別なのか、それとも最近ぐっと寒くなったのを知らないだけか分かりません。
そして今日も気ままな生活の一日が始まります。
ソウダ!今日は野点をやってみよう。
画像

画像

御客はいないのでこれで準備は完了です。
茶巾はウエットティッシュで代用しましたが茶杓も茶筅もバッチリ茶碗だけお稽古用の安物ですがマ、イイカ。
画像

画像

茶は丸久小山園の茶銘が「又玄(ユウゲン)」です。
ご覧の通りのお天気ですから寒さは全く感じません。服加減も上々気分も上々になりました。
この屋上庭園に植わっている木はオリーブです、実も結構ついています。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

「suepon」さまのお宅も見えていますね、

画像

帰り道で見たイチョウは残り少なくなって・・・・
画像

その代わり地面の方は
画像

画像





『万葉集より抜粋』 

巻十九ー四二二五、作者:大伴家持、天平勝宝2年10月16日,枕詞,餞別,旅立ち,秦石竹,高岡

[題詞}

足日木之  山黄葉尓    四頭久相而  将落山道乎   公之超麻久
 あしひきの やまのもみちに しづくあひて ちらむやまぢを きみがこえまく


右一首同月十六日餞之朝集使少目秦伊美吉石竹時守大伴宿祢家持作之

<大意>
あしひきの 山の紅葉に しづくあひて 散らむ山道を 君が越えまく


[tabibito的解釈]
山のもみじ葉が時雨のしずくと一緒に散る山道を あなたは越えて行くのですね


<一言>
秦石竹: 秦忌寸石竹 はだのいみきいわたけ. 生没年 未詳; 系譜など 未詳。秦忌寸はもと造姓。 684(天武13)年に連を賜姓され、さらに翌天武14年忌寸に改姓。『新撰姓氏録』や『日本 三代実録』によれば秦の始皇帝の子孫功満王が仲哀朝に来日し、秦氏の祖となった ...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結構なおてまえでございました。

優雅な趣味をお持ちだったのですね。ワンカップだけじゃなかったのですネ
オリーブの実はおつまみにありますが、熟すると美味しそうな色になるんですね〜 近所の公園も黄金の絨毯なんですよ。半月もするとお正月だなんて実感が湧きません。寒さは厳しいですが。体調を崩さないようお気をつけくださいませ。
かあさん
2017/12/16 20:26
かあさんへ
コメント有難うございました。かあさんのお山ほど野趣に富んではいませんが今お気に入りの場所なのです。
ソウデスヨ‼私だってワンカップばかりを持って歩いているのではありませんよ、偶にはお天気の具合によっては澄み切った空を眺めながら飲むものも変えたりするのですよ。
リュックの中には勿論ワンカップも、先日のブログに載せたドリップ式のコーヒーやコンソメスープ、山に登っていた時に覚えた軽食、ドライカレーや五目飯、なども沸かした熱湯さえ注げばすぐに食べられるように用意しています。
ソウソウあと二週間もしないうちに年が替わるのですね、かあさんも体調には気を付けて新しい年を迎えてくださいね。
tabibito
2017/12/18 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
野点、オリーブの木、紅葉、黄葉 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる