tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 花水木、麦仙翁、松葉菊 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2017/05/20 15:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

画像

ハナミズキ(花水木)  ミズキ科  ヤマボウシ属

学名: Cornus florida

原産地: アメリカの東部から中部に分布

落葉高木

山地や渓谷の林内や林縁などに生え、高さは9メートルほどになります。わが国へは大正時代に、ワシントンのポトマック河畔にある「さくら」を贈ったお返しとして渡来しました。葉は卵状楕円形から卵円形で対生し、縁がわずかに波打ちます。4月から5月ごろ、白色やピンク色の花を咲かせます。花弁のように見えるのは総苞片で、ほんとうの花は中心にあります。果実は秋に真っ赤に熟します。別名で「アメリカやまぼうし(山法師)」とも呼ばれます。




画像

画像

アグロステンマ (麦仙翁)  ナデシコ科  ムギセンノウ属

学名: Agrostemma githago

原産地: ヨーロッパから西アジアが原産

一年草  

乾燥した荒れ地や麦畑などに生え、高さは60〜90センチになります。茎は細くて直立し、線形で全縁の葉が対生します。托葉はありません。7月から9月ごろ、ピンク色から淡い紅色の花を咲かせます。属名はラテン語で「野の花飾り(Field chaplet)」から。和名では「ムギセンノウ(麦仙翁)」と呼ばれます。




画像

画像

画像

マツバギク (松葉菊)   ツルナ科  マツバギク属

学名: Lampranthus spectabilis

原産地: 南アフリカのケープ地方に分布

常緑多年草

乾燥地帯に生え、高さは30センチほどになります。茎は匍匐して這うように広がり、古くなると木質化します。5月から7月ごろ、茎頂に、直径5センチほどのピンク色から紫色の花を咲かせます。名前は「きく」のような花と、松葉のような多肉質の葉に因みます。園芸上は、マツバギク属の10種ほどとその交配種、近縁のケファロフィルム属の形態的に近たものが「まつばぎく」と呼ばれています。






巻十九ー四一九三、作者:大伴家持、天平勝宝二年四月九日,高岡,推敲

[題詞](詠霍公鳥并藤花一首[并短歌])

霍公鳥  鳴羽觸尓毛  落尓家利  盛過良志  藤奈美能花 [一云  落奴倍美  袖尓古伎納都  藤浪乃花也]
ほととぎす なくはぶきにも ちりにけり さかりすぐらし ふぢなみのはな  ちりぬべみ そでにこきれつ ふぢなみのはな


<大意>
霍公鳥 鳴く羽触れにも 散りにけり 盛り過ぐらし 藤波の花

[一云  散りぬべみ 袖に扱入れつ 藤波の花]


[tabibito的解釈]
鳴きながら飛ぶ霍公鳥の羽に触れても散ってしまう もう盛りも過ぎたたらしい藤波の花よ

「今にも散りそうなので、袖にしごき入れた、藤の花を」。


<一言>
天平勝宝二年四月九日、ほととぎすと藤の花とを詠む長短歌各一首のうちの短歌。大伴家持の作。

はぶき【羽振】: 羽ばたき。

こきれつ【扱き入れ】: 扱きいれ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花水木、麦仙翁、松葉菊 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる