tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 石斛、昼咲き月見草、赤花夕化粧、射干 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2017/05/13 17:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

セッコク (石斛)  ラン科 セッコク属

学名: Dendrobium moniliforme

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国南部に分布

常緑多年草

広葉樹林帯の南側斜面の樹上や岸壁に着生し、高さは20センチほどになります。多数の茎が叢生します。5月から6月ごろ、白い可憐な花を咲かせます。




画像

画像

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)  アカバナ科  マツヨイグサ属

学名: Oenothera speciosa

原産地: アメリカのミズーリー州から南へテキサス州、それにメキシコが原産

多年草

わが国にも帰化しています。乾燥したやせ地でもよく育ち、グランドカバーに利用されます。ほかの「つきみそう」とは異なり、昼間に咲いて2〜3日はしぼみません。花期は春から夏いっぱい。花は白色ですが、やがて淡いピンク色に変化します。




画像

画像

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)  アカバナ科  マツヨイグサ属

学名: Oenothera rosea

原産地: アメリカの南西部から中央アメリカが原産

多年草

わが国でも本州の関東地方以西から四国に帰化しています。道ばたなどに生え、高さは10〜60センチになります。葉は楕円形から卵形で、下部の葉では羽状中裂することもあります。5月から9月ごろ、ピンク色から紅紫色の花を咲かせます。柱頭が4裂して平開するのが特徴です。




画像

画像

シャガ(射干)  アヤメ科  アヤメ属

学名: Iris japonica

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに中国の中・南部やビルマに分布

多年草

湿り気のある林内や谷沿いの日陰に生え、高さは30〜70センチになります。果実ができないので、根茎を伸ばして広がります。葉は剣形で光沢があります。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして、真ん中に橙色の斑がある淡い青紫色の花を咲かせます。外花披片にはとさか状の突起があり、花柱の先は分裂して花弁のように見えます。中国名のまま「こちょうか(胡蝶花)」とも呼ばれます。




巻十九.・四一九一 作者:大伴家持,贈大伴池主、天平勝宝2年4月9日,年紀,贈答,恋情,高岡,武生

[題詞]贈水烏越前判官大伴宿祢池主短歌一首

鸕河立   取左牟安由能  之我波多波 吾等尓可伎无氣 念之念婆
うかはたち とらさむあゆの しがはたは われにかきむけ おもひしおもはば


<大意>
鵜川立ち 取らさむ鮎の しがはたは 吾れにかき向け 思ひし思はば


[tabibito的解釈]
鵜飼をして捕らえた鮎のそのひれは、わたしに送ってください、気が向いたならば

 註)当時はひれ酒に鮎の鰭も使ったのでしょうか?)


<一言>
天平勝宝二年四月九日、使いにことづけて鵜を越前の判官大伴池主に贈った時の長歌一首と短歌二首のうちの短歌二首目。

うかはたち【鵜川立ち】: 鵜飼いをして。

とらさむあゆの【捕らさむ鮎の】: 捕らえた鮎の

しがはた【其が鰭】: その鰭。

かきむく【掻き向く】: 向ける。 (吾れにかき向け=私に送ってくれ)

おもひしおもはば【思いし思はば】: 気が向けば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
以前 (鉢植えでもらった蘭のようなもの)白花の名前が判りました。これなんです。せっこく という名前なんですね。とっても丈夫なもので、いつの間にか白の他にピンクも咲くようになりました。やっと名前が判って有難いです。シャガは日陰の道脇などに咲いていてとても野生の花にはみえませんね。花を見てアヤメの仲間なんだなと思いました。
かあさん
2017/05/16 14:50
かあさんへ
コメントに気持ち玉も有難う御座いました。
かあさんのブログを見たときにすぐセッコクだと解りました。
唯、現在はデンドロジュウムの方が通りがいいようですね、私が撮ったのはピンクが入っていますがかあさんのはすべて白色ですね。
野生と栽培種はどうやって区別するのでしょうか?
シャガなどは生存力が旺盛だからホッタラカシでもどんどん増えていきますね、昔はレッキトシとした鑑賞用だったのですよ。
tabibito
2017/05/17 15:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
石斛、昼咲き月見草、赤花夕化粧、射干 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる