tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 花梨、雪柳、野襤褸菊、野鳥2種、 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2017/04/15 23:45   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

カリン(花梨)   バラ科  ボケ属

学名: Chaenomeles sinensis

原産地: 中国が原産

落葉小高木

わが国へは薬用植物として渡来し、現在では広く各地で植栽されています。高さは8メートルくらいになり、樹皮は緑褐色で鱗片状にはがれます。葉は倒卵形から楕円形で鋸歯があり、互生します。4月から5月ごろ、枝先に淡い紅色の花を咲かせます。果実は長円形か倒卵形で、黄色く熟します。芳香があり、果実酒や砂糖漬けに利用されます。




画像

画像

ユキヤナギ(雪柳)  バラ科  シモツケ属

学名: Spiraea thunbergii

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに中国に分布

落葉小低木

株立ちして高さは1〜2メートルになります。葉は披針形で互生します。3月から4月ごろ、散形花序をだして真っ白な花をいっぱい咲かせます。淡いピンクの花を咲かせる品種もあります。別名で「コゴメバナ(小米花)」とも呼ばれます。





画像

画像

画像

ノボロギク(野襤褸菊)  キク科  キオン属

学名: Senecio vulgaris

原産地: ヨーロッパが原産 

一年草

わが国へは明治時代のはじめに渡来し、各地に帰化しています。また世界各地にも帰化が広がっています。道ばたや荒れ地にふつうに生え、高さは10〜30センチになります。葉は不規則な羽状に裂け、基部で広がって茎を抱きます。5月から10月ごろ、葉腋から散房状に花序をのばし頭花を咲かせます。黄色い頭花は筒状花だけです。名前は、綻びた白い冠毛をぼろ布に喩えたもの。




画像

画像

ダイサギ(大鷺)  コウノトリ目  サギ科

種の学名: Ardea alba  

大きさ: L=90p

池の水中をゆっくり歩きながら餌を探す大型のシラサギ類。コサギよりも著しく大きく、特に首とくちばしが長い。夏羽ではくちばしは黒く、目先は一時的に青緑色になり、背中には飾り羽が出る。冬羽ではくちばしは黄色い。足は常に黒い。関東地方から九州までで繁殖する亜種は冬は南方に渡る。冬期にはより大型の別の亜種が北方から渡来して、本州以南で越冬する。川や池沼、干潟で採餌し、長い足をいかして深い水中を歩きながら魚を捕らえる。




画像

画像

アオサギ(蒼鷺)  コウノトリ目  サギ科

種の学名: Ardea cinerea

大きさ: L=93p

冠羽を風になびかせて水際にたたずみ、いつまでも動かない灰色のサギ類。ダイサギよりもさらに大型のサギで、とまっているときは全体に灰色に見え、飛ぶと背と雨覆の灰色と風切の黒の対照が目立つ。頭には黒い冠羽があり、くちばしと足は黄色い。北海道から四国で繁殖し、北方のものは冬は暖地に移動する。丘陵地や海岸近くの、高い木のある林にコロニーを作る。川、干潟、海の生け簀などで魚を捕らえ、大きな魚はくちばしで突き刺す。

一言: このアオサギ嘴が赤いですね、これは婚姻色と言って発情期になるとこの様に赤くなります。脚も写真では見えにくいですがピンク色に染まっています。





巻十九.・四一八二  天平勝宝二年四月三日、作者:大伴家持、,贈答,恋情,戯笑,懐旧,高岡

[題詞](不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首

霍公鳥   雖聞不足    網取尓   獲而奈都氣奈  可礼受鳴金
ほととぎす きけどもあかず あみとりに とりてなつけな かれずなくがね


<大意>
霍公鳥 聞けども飽かず 網捕りに 捕りてなつけな 離れず鳴くがね
 

[tabibito的解釈]
ほととぎすの声はいくら聞いても飽きることがない。網で捕まえて飼い慣らしたいなあ、そばを離れずに鳴くように


<一言> 
あみとりに【網取りに】: 網で捕まえて。 

がね: (一説に『予ての(カネ)』と、同源か。 ・・・するだろうから。 ・・・するように。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 かりんの淡いピンク色が清楚ですね。昔飼っていた猫に、「かりん」という名前をつけていました。お転婆で、ぜんぜん清楚ではなかったですが。
 最後のアオサギの写真、迫力あるアップですね。くちばしが、こんなにきれいだとは知りませんでした。
 
般若苑
2017/04/19 09:43
般若苑さまへ
コメントに気持ち玉も有難う御座いました。
猫の「かりんチャン」名前を付けた時は小っちゃくて可愛かったでしょうから大きくなって図々しくなることをどうしても想像できないのですよね、アオサギの嘴はブログでも書いたように婚姻色なのです。
普段は灰色のお義理にもきれいだとは言えない色をしていますよ。
先日は飛鳥の方を散策されたのですね、私のブログの万葉集歌を思い出していただきましたか?
tabibito
2017/04/19 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
花梨、雪柳、野襤褸菊、野鳥2種、 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる