tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 退院して、少々遅い初詣 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2017/01/27 15:56   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日昨年末に退院して以来初めての経過診察に行って来ました。
結果を最初に言いますと大変良好な経過で今後体力の回復を心掛けて念願であった野山に写真撮影に行くだけの体力作りに努めてくださいと、主治医の先生に言っていただきました。
それまではリハビリの先生が来られて色んなテスト,入院中もよくやられたので覚えています、今回の正常圧水頭症は認知症、歩行困難、その他諸々が有るのでまず認知症がないかどうかを見られたのですね。
それからCT検査で手術で髄液を調整した効果がでているかどうかの確認で脳のCT写真撮影を撮られたのだと思いますがその結果も良好だったようです。

その結果を踏まえて高槻の天神様にお礼参りに行ってきました。
画像

画像

画像

画像

説明に有るようにここの社は壁から柱に至るまですべて竹を使って建造されています。

画像

天神様と言うと牛がつきもののようでここでも牛が幅を利かしております。

画像

画像

画像

この狛犬も難波型と言う関西特有の様式だというのですが今、パット言われても他所の狛犬との違いがよく判りません🙇ごめんなさい。

画像

ここの神社もご多分にもれず本殿の裏に回ると他所の社が寄り合い所帯のようにありますねぇ!

画像

画像

画像

こちらは私が初詣に行く野身神社と同じ名前の社が有りましたが説明書の意味がはっきりしませんが元々はこの場所が本来野身神社が祀られていたところですがある時を境に天神様の社になり言うなれば庇を貸して母屋を取られるというようなことになったのでしょうか?

画像

画像

画像

天神様と言えば梅の紋所ですがこちらの梅は少々遅れているようで咲いていたのは紅梅が少々白梅に至っては殆どが未だ蕾でした。

その代わりと言っては何ですが
画像

画像

画像

これが何かお分かりですか?
クチナシ(梔子)の実です。私と同年輩の方ならこの実を使って食品に黄色い色をつけたりしていたのを覚えておられると思います。天然の食紅ですね。
栗きんとんやおコメにも色を付けていたようです。



万葉集より抜粋

巻十九・四一六六 天平勝宝二年三月二十日,作者:大伴家持
  
[題詞] 詠霍公鳥并時花歌一首 并短歌

毎時尓   伊夜目都良之久 八千種尓  草木花左伎   喧鳥乃   音毛更布    耳尓聞   眼尓視其等尓  宇知嘆   之奈要宇良夫礼 之努比都追 有争波之尓   許能久礼能 四月之立者   欲其母理尓 鳴霍公鳥    従古昔   可多里都藝都流 鸎之    宇都之真子可母 菖蒲    花橘乎     嫺嬬良我  珠貫麻泥尓   赤根刺   晝波之賣良尓  安之比奇乃 八丘飛超    夜干玉乃  夜者須我良尓  暁     月尓向而    徃還    喧等余牟礼杼  何如将飽足
ときごとに いやめづらしく やちくさに くさきはなさき なくとりの こゑもかはらふ みみにきき めにみるごとに うちなげき しなえうらぶれ しのひつつ あらそふはしに このくれの うづきしたてば よごもりに なくほととぎす いにしへゆ かたりつぎつる うぐひすの うつしまこかも あやめぐさ はなたちばなを をとめらが たまぬくまでに あかねさす ひるはしめらに あしひきの やつをとびこえ ぬばたまの よるはすがらに あかときの つきにむかひて ゆきがへり なきとよむれど なにかあきだらむ



<大意>
時ごとに いやめづらしく 八千種に 草木花咲き 鳴く鳥の 声も変はらふ 耳に聞き 目に見るごとに うち嘆き しなえうらぶれ しのひつつ 争ふはしに 木の暗の 四月し立てば 夜隠りに 鳴くほととぎす いにしへゆ 語り継ぎつる 鶯の うつし真子かも あやめ草 花橘を 娘子が 玉貫までに あかねさす 昼はしめらに あしひきの 八峰を飛び越え ぬばたまの 夜はすがらに 暁の 月に向かひて 行帰かへり 鳴きとよむれど なにか飽き足らむ 


[tabibito的解釈]
四季それぞれに、目にも新鮮に、さまざまな草木は花咲き、それにあわせて鳴く鳥の声も変わってゆく。それを耳に聞き、目に見るたびに、ため息をつき、深く心打たれて愛でながら、どれが一番か決めかねているうちに、木陰が来る暗くなる四月ともなると、夜ふけて鳴くほととぎすは、昔から言い伝えているように鶯の本当の子どもなのか、あやめ草や花橘を少女たちが玉に通す五月の節句の日まで、昼は一日中、峰々を飛び越え、夜は夜通し、暁の月に向かって、行ったり来たりしては鳴き立てるけれども、どうして飽きることがあろうか


<一言>
ほととぎすと季節の花を詠んだ長歌一首と反歌二首のうちの長歌。天平勝宝二年三月二十日に、まだその季節になっていないけれども、大伴家持が興によって前もって作ったもの。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
経過順調で、それに認知症の疑いもなくバンバンザイですね。本当におめでとうございます。

お礼参りは良かったです。お願いばかりでお礼がないと神様も張り合いがないですものね。晴々としたお気持ちが伝わってくるようで私も嬉しいです。
かあさん
2017/01/27 20:07
かあさんへ
コメントありがとうございました。
tabibito
2017/01/27 20:59
ちゃたろうさまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2017/01/27 21:00
もも先生さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2017/02/03 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
退院して、少々遅い初詣 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる