tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 柘榴、トレニア、ツルバギア、杜鵑 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/10/31 16:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

ザクロ(柘榴)  ザクロ科  ザクロ属

学名: Punica granatum

原産地: 地中海の東部から北西インドが原産 

落葉小高木

わが国へは、古い時代に中国から渡来しました。日本では食用というより、観賞用に栽培されています。多くの園芸品種があり、八重咲きの「はなざくろ」には果実がなりません。シェークスピアの「ロミオとジュリエット」にも登場する「ざくろ」の樹。
このザクロ、スマホで検索すると女性にとって美容と健康に良いそうですよ。




画像

画像

トレニア  ゴマノハグサ科  ツルウリクサ属

学名: Torenia fournieri

原産地: インドシナ半島が原産

一年草または多年草

茎は立ち上がるか匍匐し、高さは20〜30センチになります。葉は卵形から披針形で対生し、縁には鋸歯があります。季節はずれの寒さにあうと、葉は赤みを帯びます。5月から10月ごろ、濃青色や淡青色、ピンク色、黄色などの花を咲かせます。和名では「はなうりくさ(花瓜草)」または「なつすみれ(夏菫)」と呼ばれます。




画像

画像

画像

ツルバギア  ユリ科  ツルバギア属

学名: Tulbaghia violacea

原産地: 南アフリカの東ケープ、トランスバール地方が原産

多年草

「ソサイアティガーリック」とも呼ばれますが、葉にはニンニク臭があります。春から秋にかけて、紫がかったピンク色の花を咲かせます。花や葉、茎は料理に利用されるそうです。




画像

画像

画像

画像

画像

ホトトギス(杜鵑)  ユリ科  ホトトギス属

学名: Tricyrtis hirta

原産地: わが国の北海道西南部、それに本州の関東地方以西から四国・九州に分布しています。

多年草

高さは40〜100センチになります。葉は長楕円形から披針形で、基部は茎を抱きます。8月から9月ごろ、葉腋に1〜3個の花を咲かせます。花披片は6個あり、内側に紅紫色の斑点、下部には黄色の斑紋があります。古くから栽培されてきました。名前は、花披片の斑点が、鳥の「ほととぎす」の胸の模様に似ることに因みます。




万葉集より抜粋

巻十九・四一五六 天平勝宝2年3月3日,作者:大伴家持推敲,帰雁,高岡
   
[題詞]潜鸕歌一首 并短歌

荒玉能   年徃更     春去者   花耳尓保布   安之比奇能 山下響     堕多藝知  流辟田乃    河瀬尓   年魚兒狭走   嶋津鳥   鸕養等母奈倍  可我理左之 奈頭佐比由氣婆 吾妹子我  可多見我氐良等 紅之    八塩尓染而   於己勢多流 服之襴毛    等寳利氐濃礼奴
あらたまの としゆきがへり はるされば はなのみにほふ あしひきの やましたとよみ おちたぎち ながるさきたの かはのせに あゆこさばしる しまつとり うかひともなへ かがりさし なづさひゆけば わぎもこが かたみがてらと くれなゐの やしほにそめて おこせたる ころものすそも とほりてぬれぬ


<大意>
あらたまの年行きかはり春されば花のみにほふあしひきの山下響みその麓を音を響かせ落ち激ち流る辟田の川の瀬に鮎子さ走るしまつとり鵜養伴なへ篝さしなづさひ行けばわぎもこが形見がてらと紅の八しほに染めてーおこせたる衣の裾も通りて濡れぬ


[tabibito的解釈]
年が過ぎてはまた来て、春になると、花が一面に咲きにおっている)山のふもとを揺るがして、激しく流れ落ちる辟田の、河の瀬に若鮎は躍っている。鵜飼の者どもを連れて、かがり火を焚き、水に濡れながらさかのぼって行くと、いとしい人が身代わりにするようにと、紅花で何度も染めて贈ってくれた衣の裾も、下まで濡れ通ってしまった。


<一言>
あらたまの【新玉の】: 〔枕詞〕「年」「月」「夜」「春」に掛かる。

あしひきの【足引きの】: 〔枕詞〕「山」「峰」「を」に掛かる。

しまつとり【島つ鳥】: 〔枕詞〕「鵜」に掛かる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
横浜ニートさまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2016/10/31 21:05
もも先生さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2016/11/02 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
柘榴、トレニア、ツルバギア、杜鵑 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる