tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪割一華、水仙、白木蓮、山茱萸 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2016/03/18 17:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

ユキワリイチゲ(雪割一華)  キンポウゲ科  イチリンソウ属

学名: Anemone keiskeana

原産地: 本州西部〜九州

多年草

イチリンソウの仲間では比較的南の方に生育する。葉が独特の茶色みを帯びる。
花は白色の花弁に微妙な紫色が入り、独特の美しさをもつ。冬のまだ寒い時期に地面近くに花を咲かせるので、気付かず見過ごす人が多い。近づいて見て見るとはっとする美しさがある。普段は実をつけないというが、他の群生から花粉が運ばれると結実するという。
陽が射さないと開かない花なので、晴れた日の午後がみごろである。




画像

画像

スイセン(水仙)  ユリ科  スイセン属

学名: Narcissus tazetta var. chinensis

原産地: 地中海沿岸が原産

多年草

わが国へは室町時代以前に渡来し、今では各地に野生化しています。自生地としては、伊豆半島や淡路島、
越前岬などが有名です。高さは20〜30センチほどになり、12月から2月ごろ、芳香のある花を咲かせます。




画像

画像

画像

ハクモクレン(白木蓮)  モクレン科  モクレン属

学名: Magnolia heptapera

原産地: 中国の東部から南部が原産

落葉高木
日当たりのよいところに生え、高さは15メートルほどになります。樹皮は灰白色で平滑です。葉は倒卵形で互生します。3月から4月ごろ、葉の展開前に、直径10センチほどの絹のような真っ白な花を咲かせます。花披片は9個あります。朝日があたると開き、夕方にはしぼみます。




画像

画像

画像

画像

サンシュユ(山茱萸) ミズキ科  ミズキ属 

別名: ハルコガネバナ、アキサンゴ、サワグサ、ヤマグミ

学名: Cornus officinalis

原産地: 中国、韓国

落葉小高木

春早く、黄色い花を枝いっぱいにつけ、鮮やかに人の目をひきつける。享保年間(1722年ごろ)わが国へは江戸時代の中頃に薬用植物として渡来しました。3月から4月ごろ、枝先の散形花序に黄色い小さな花を咲かせます。秋には、楕円形の果実が真っ赤に熟します。この果実は秋珊瑚(あきさんご)とも呼ばれ、漢方薬として利用されます。名前は、漢名をそのまま音読みしたことから。





万葉集より抜粋

[題詞]閏五月廿三日大伴宿祢家持作之

巻十八・四一一二  天平感宝1年閏5月23日,作者:大伴家持,賀歌,寿歌,橘諸兄,高岡,枕詞</span.>

橘波    花尓毛實尓母  美都礼騰母 移夜時自久尓  奈保之見我保之
たちばなは はなにもみにも みつれども いやときじくに なほしみがほし


<大意>
橘は 花にも実にも 見つれども いや時じくに なほし見が欲し


[tabibito的解釈]
橘は花の時も実の時も見ているけれども時を分たず見れば見るほどもっと見ていたい気にさせられる


<一言>
ときじくに【時じくに】: 絶え間なく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪割一華、水仙、白木蓮、山茱萸 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる