tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 柊、南京黄櫨、皇帝ダリア そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/11/04 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

画像

画像

ヒイラギ(柊)  モクセイ科  モクセイ属

学名: Osmanthus heterophyllus

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに沖縄や台湾に分布

常緑小高木

山野に生え、高さは4〜8メートルになります。葉は厚い革質の楕円形で、縁には先端が棘状になった大きな歯牙があります。老木や樹勢が弱くなった木では、葉の棘がほとんどなくなります。11月から12月ごろ、葉腋に芳香のある小さな白色の花を咲かせます。古くから世界中で超自然の力の源泉、あるいは魔除けの木と信じられてきました。冬に花が咲くことから木扁に冬と書いて「柊」、または葉の棘に触れると痛いことから「疼痛木」とも書きます。




画像

画像

画像

ナンキンハゼ(南京黄櫨)  トウダイグサ科  シラキ属

学名:  Sapium sebiferum

原産地: 中国が原産

落葉高木

葉は菱形状卵形で先端が尾状に尖って互生し、秋には真っ赤に紅葉します。7月ごろ、枝先に総状花序を
だして小さな黄色い花をいっぱい咲かせます。果実は刮ハで10月から11月ごろに裂開し、白い種子がのぞきます。種子は有毒ですが、むかしは蝋や油を採ったそうです。




画像

画像

コダチダリア(木立ダリア)  キク科  ダリア属

学名: Dahlia imperialis

原産地: メキシコから中央アメリカ、コロンビア、ボリビアに分布

多年草  

高さは2〜6メートルになります。茎は中空で木質化し、葉は2〜3回羽状複葉です。短日性で11月から12月ごろ、10〜15センチの大きなピンク色の花を咲かせます。別名で「こうていダリア(皇帝ダリア)」とも呼ばれます。




万葉集より抜粋

[題詞]越中守大伴宿祢家持報歌并所心三首 

巻十八・四〇八三 天平20年3月16日,作者:大伴家持、坂上郎女,,高岡

都祢乃孤悲 伊麻太夜麻奴尓 美夜古欲里 宇麻尓古非許婆 尓奈比安倍牟可母
つねのこひ いまだやまぬに みやこより うまにこひこば になひあへむかも


<大意>
常の恋 いまだやまぬに 都より 馬に恋来ば 担ひあへむかも 


[tabibito的解釈]
それでなくても常々恋しい気持ちでいて時がが経っても収まらないでいるのに恋を馬に山ほど載せられてやって来たら私に背負いきれるでしょうか


<一言>
これが叔母と甥の交わした歌なのですよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柊、南京黄櫨、皇帝ダリア そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる