tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS モズ、菊、タンキリマメ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/11/03 15:31   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日はモズの高鳴きを聞きましたがスマホしかなかったので今日は準備を整えて何時もの公園に行ってきましたミテクダサイ!偉そうにメタセコイアの樹のテッペンで辺りを見渡しております。
画像

画像

画像

画像

画像

モズ(百舌鳥、鵙)  スズメ目  モズ科

種の学名: Lanius bucephalus

大きさ L=20p

秋が近づくと梢や電線にとまってキイキイキイ・・・と鋭い声で高鳴きをする鳥。太く黒い過眼線と淡色の眉斑があり、頭部は赤褐色で、背中は青灰色、下面は脇が橙褐色で中央は色が淡い。雄は翼に小さな白斑がある。雌はぼんやりした色で、下面に細かい波模様がある。北海道から九州に分布し、北方のものは冬は南方に移動する。冬には雄雌とも1羽ずつ縄張りをもって生活し、捕らえた小動物の一部を枝などに刺して「はやにえ」にする。




画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

キク(菊)  キク科  キク属

学名: Chrysanthemum grandiflorum

原産地: ふつうに「きく」といえばキク科キク属の植物ですが、世界で200種ほどあります。このうちわが国で自生する「のぎく(野菊)」は20種ほどで、観賞用に育てられているのは、ほとんどが「いえぎく(家菊)」と呼ばれるものです。わが国へは、古い時代に朝鮮を経由して渡来しましたが、もともとは薬用植物でした。また「菊」という漢字にほかの読み方がないのは、薬の専門用語として使われていたためだそうです。頭花の大きさによって、直径18センチ以上の大菊、9〜18センチの中菊、それに9センチ未満の小菊に分類されます。

多年草




画像

画像

画像

タンキリマメ(痰切豆)  マメ科  タンキリマメ属

学名: Rhynchosia volubilis

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布

多年草

蔓性で、日当たりの良い草地や林縁に生えます。葉は3出複葉で互生し、倒卵形の小葉はやや厚みがあります。茎や葉には軟毛が生えています。7月から9月ごろ、葉腋から総状花序をだし、淡黄色の花を咲かせます。豆果は、赤く熟して2個の種子をだします。名前は、この種子を食べると痰を止めるという俗説に由来します。
tabibitoはこの雑草扱いのタンキリマメが枝豆を小さくしたような姿が可愛く、今の時期枯れて豆の莢が赤く変わり中の豆が漆黒で艶々としているのが気に入っています。




万葉集より抜粋

[題詞]越中守大伴宿祢家持報歌并所心三首 

巻十八・四〇八二 天平20年3月16日,作者:大伴家持、坂上郎女,,高岡

安万射可流 比奈能夜都故尓 安米比度之 可久古非須良波 伊家流思留事安里
あまざかる ひなのやつこに あめひとし かくこひすらば いけるしるしあり


<大意>
天離る 鄙の奴に 天人し かく恋すらば 生ける験あり


[tabibito的解釈]
空の彼方の遠く隔たった田舎にいる卑しい私めに天上のお人がこれ程まで愛してくださるのは私が生きて来た甲斐が有ると思い知りました


<一言>
あめひとし【天人し】: 天上の方に等しい。

かくこいすらば【かく恋すらば】: これほどまでに愛されているなら

いけるしるしあり【生ける験しあり】: 生きてきた甲斐が在るというものです




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 写真で、もずの顔が、辺りをしっかり見回しているのがわかって、かわいいです。木のてっぺんで、縄張りをチェックしているのですね。
 色々な菊やタンキリマメなど、可憐で、秋を感じます。
 今日の歌は、プリンスから愛されたシンデレラみたいな女性の気持ちを詠んだものですか?
般若苑
2015/11/04 20:40
般若苑さまへ
コメントに気持ち玉も有難う御座いました。
大きさは雀ほどしかないのに鷲のようなかぎ型のくちばしのモズこの時期は何時やってくるか毎年楽しみにして待っています。
今年はまだ見つけることが出来ませんが毎年「モズの早贄」と言われていますが獲った獲物を木の枝に突きさしたものを見つけるのも楽しみにしています。
殆んどがカエルやカマキリですが自分の能力をメスに見せるためだとも言われていますがよくはわかりません。
昨日の坂上郎女の歌の「題詞」に姑(おば)と有るのを覚えておられますか?家持が幼い時から手塩にかけて育て呉れた姑さんです。
tabibito
2015/11/04 21:11
青木院長さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/11/06 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
モズ、菊、タンキリマメ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる