tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫蔓蕎麦、石蕗、黒鉄黐 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/10/23 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

画像

公園の木々も色付いてきました。




画像

画像

画像

画像

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)  タデ科  タデ属

学名: Polygonum capitatum

原産地: インド北部のヒマラヤが原産

常緑多年草

茎は這うように広がり、グランドカバーに利用されます。花は淡紅色で、枝先に球形に集まってほとんど周年咲いています。葉には黒っぽい斑点があり、秋には真っ赤に紅葉します(一枚目の写真)。




画像

画像

画像

ツワブキ(石蕗)  キク科  ツワブキ属

学名: Farfugium japonicum

原産地: わが国の本州、石川・福島県以南から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布

常緑多年草

海岸近くに生え、長い柄のある腎円形の葉を束生します。葉に艶(つや)があることから「つやぶき」、転じて「つわぶき」になったといいます。10月から12月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。観賞用のほか、茎は食用にまた葉や根茎は民間薬として利用されます。斑入りの品種もあります。




画像

画像

クロガネモチ(黒鉄黐)  モチノキ科  モチノキ属

学名: Ilex rotunda

原産地: わが国の本州、関東地方・福井県以西から四国・九州それに台湾や朝鮮半島、中国に分布

常緑高木

山野に生え、高さは10メートルほどになります。樹皮は灰褐色で平滑、皮目があります。葉は楕円形で先端が尖り互生します。5月から6月ごろ、葉腋に淡い紫色の小さな花を咲かせます。果実は丸い核果で、秋から冬にかけて真っ赤に熟します。樹皮からは鳥黐(とりもち)をとるそうです。名前は「モチノキ」に似ていて、若枝や葉柄が黒紫色を帯びることから。





万葉集より抜粋

[題詞]](越中國守大伴家持報贈歌四首)一 答属目發思兼詠云遷<任>舊宅西北隅櫻樹

巻十八・四〇七七 天平20年3月16日,作者:大伴家持,高岡,贈答,書簡,大伴池主,恋

和我勢故我 布流伎可吉都能 佐久良婆奈 伊麻太敷布賣利 比等目見尓許祢
わがせこが ふるきかきつの さくらばな いまだふふめり ひとめみにこね


<大意>
我が背子が 古き垣内の 桜花 いまだ含めり 一目見に来ね


[tabibito的解釈]
親愛なる池主様が昔住んでいらっしゃったお屋敷の庭の桜花はまだ蕾のままですよ一目見においで下さい


<一言>
わがせこ【我背子】: この歌の場合は男性が同じ男性に対して親愛の気持ちを込めて呼ぶ。

かきつ【垣内】: 垣根の中。 屋敷の中。

ふふめる【含める(上代東国の方言)】: 膨らんでいる。 花や若葉がつぼんだまま開かないでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
般若苑さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/10/24 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫蔓蕎麦、石蕗、黒鉄黐 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる