tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 星朝顔、金狗尾、大犬蓼、石実皮 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/09/19 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

今日は芥川の下流淀川との合流点の河川敷にいきナンバンギセル(南蛮煙管)を探しに行きました。
結果から言うと見つからなかったのですがそれなりの収穫がありました。
それがこれからお見せする植物達です。



画像

画像

ブルーの昼顔と白い豆朝顔です。
そして大きさは豆朝顔と同じ大きさの星朝顔も
画像

画像

ホシアサガオ(星朝顔)  ヒルガオ科  サツマイモ属 

学名: Ipomoea triloba

原産地: 南アメリカ

多年草

夏にアサガオをごく小さくしたようなかわいい花を咲かせる。 葉はハート型で切れ込みがないのもアサガオとの
違いである。 和名がつけられたのは1944年に台湾やミクロネシアに帰化したものだというが、その後日本にも帰化が確認されているという。




画像

キンエノコロ(金狗尾)  イネ科  エノコログサ属

学名: Setaria glauca

原産地: 北半球の温帯地域に広く分布

一年草

日当たりのよい道端や田んぼのあぜなどにふつうに生え、高さは20〜70センチになります。
8月から10月ごろ、円柱形で直立した長さ3〜10センチほどの花穂をつけます。名前は、小穂に黄金色の芒(のぎ)が生える「えのころぐさ(狗尾草)」ということから。




画像

画像

画像

オオイヌタデ(大犬蓼)  タデ科  イヌタデ属

学名: Persicaria lapathifolia

原産地: わが国の各地をはじめ北半球に広く分布

一年草

山野にごくふつうに見られ、高さは1メートルほどになります。「いぬたで(犬蓼)」に似ていますが、全体に大柄です。葉は披針形で先端が尖り、互生します。6月から11月ごろ、弓なりに下垂する花穂をつけ、淡紅色から白色の花を咲かせます。花弁のように見えるのは、萼片が4〜5裂したものです。




画像

画像

画像

イシミカワ(石実皮)  タデ科  イヌタデ属

学名: Persicaria perfoliata

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、台湾、フィリピン、マレー半島に分布

一年草

河岸や湖畔、田んぼの畔などやや湿り気のあるところに生え、蔓性で長さは1〜2メートルになります。茎には鋭
い下向きの棘があり、他の草や樹木などに絡みつきます。葉は三角形で互生し、托葉鞘は円形の葉状です。7月から10月ごろ、枝先に総状花序をだし、小さな淡緑色の花を咲かせます。果実は球形の痩果で、多肉質の萼が包み、青藍色に色づきます。




万葉集より抜粋

歌者在於左大臣橘卿之宅肆宴御歌并奏歌也

[題詞](太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也]) / 御製歌一首[和]
  
巻十八・四〇六一 作者  粟田女王 歌一首

保里江欲里 水乎妣吉之都追 美布祢左須 之津乎能登母波 加波能瀬麻宇勢
ほりえより みをびきしつつ みふねさす しつをのともは かはのせまうせ


<大意>
堀江より 水脈引きしつつ 御船さす しづ男の伴は 川の瀬申せ


[tabibito的解釈]
堀江を大君の船を水先案内をする従者どもよ、河の浅瀬に気を配りお仕えせよ。


<一言>
みをびき【水脈引き】: 水先案内をすること。 水脈に従って船を進める。

しつをのとも【卑賤の従者】: 賤男の徒も。 身分の卑しい従者。

かはのせ【河の瀬」】: 川の浅瀬。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シュウカイドウにお立ち寄りくださりありがとうございます
雄花と雌花の区別がつきますとやたら判断したくなりますヨ
河原にはびこっている荒地うりの雄花雌花を追いましたら以外に愛らしい花でした あまりにはびこるので目の敵にされていて気の毒です
豆朝顔や星朝顔はそんな心配はありませんネ
イシミカワは花も実も愛らしいですネ
荒地うりに気が魅かれてイシミカワを見落としました
着眼すると興味ある植物ですネ
再度河原に行ってみます!
ran1005
2015/09/20 09:21
ran1005さまへ
今日も淀川の河川敷に行って野草を撮ってきましたが、アレチウリも見ましたがあまり綺麗ではなかったのでパスしました。
その代わりにスズメウリ(雀瓜)を撮ってきました。
リースを作るのが好きな方なら蔓が細いですが沢山の実が連なっていて可愛いですよ、イシミカワは是非見つけてください但し写真だけにした方がいいです、逆さに生えたトゲが思った以上に痛いですから。
tabibito
2015/09/20 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
星朝顔、金狗尾、大犬蓼、石実皮 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる