tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋海棠、猩々草、仏桑華 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/09/14 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

台風18号が去ってからこのところアキアカネを毎日のように見かけるようになりました。
歩いていて顔にぶつかるのではと気になるくらい多いです。
画像

画像

画像

シュウカイドウ(秋海棠)  シュウカイドウ科  シュウカイドウ属

学名: Begonia evansiana

原産地: わが国の各地をはじめ、中国やマレー半島に分布

多年草

園芸植物として知られるベゴニアのなかま。

地下に塊茎があり、冬期は地上部が枯れ越冬する。8月から10月ごろ、茎頂や節から集散花序をだし、紅色の花を咲かせます。花には雄花と雌花があります。




画像

画像

ショウジョウソウ(猩々草)  トウダイグサ科  トウダイグサ属

学名: Euphorbia heterophylla

原産地: アメリカの南部からメキシコ、中央アメリカの大部分に分布

一年草

夏に、黄緑色の杯状花序を茎頂につけます。花序に花びらはなく、赤色から淡い紅色の苞葉で被われています。茎や葉を傷つけると、白色の乳汁が出て、皮膚被れの原因になります。





画像

画像

画像

画像

ハイビスカス  アオイ科  フヨウ属

別名: ブッソウゲ(仏桑華)

学名:  Hibiscus cv.(属の総称)

原産地: ハワイの州花

常緑低木

和名は、「ぶっそうげ(仏桑華)」ですが、葉が「(桑)」に似ているから




万葉集より抜粋

河内女王,大君讃美,橘諸兄,難波,伝誦,肆宴,宴席,元正天皇,行幸

[題詞](太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也]) / 御製歌一首[和]
  
巻十八・四〇五九 作者  河内女王 歌一首

多知婆奈能 之多泥流尓波尓 等能多弖天 佐可弥豆伎伊麻須 和我於保伎美可母
たちばなの したでるにはに とのたてて さかみづきいます わがおほきみかも


<大意>
橘の 下照る庭に 殿建てて 酒みづきいます 吾が大王かも
 

[tabibito的解釈]
橘が木陰に照りはえているこの庭に御殿を建ててお酒を酌み交わしていらっしゃるご機嫌うるわしい わが大王ですこと


<一言>
したてる【下照る】: 木の下などが照り輝く。 照り映えている。

とのたてて【殿建てて】: 御殿を建てて。

さかみづく【酒水漬く】: 酒に浸る。 酒宴をする。

います【在す・坐す】: いらっしゃる。 居ていただく。

おおきみ【大王】: 大君(おおきみ)は天皇、大王(おおきみ)はその他の親王、皇族を指し共にオオキミと訓みますが現在ではその発音の違いを表現できません、この歌でのオオキミは左大臣橘卿を意味します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シュウカイドウが見事に咲いていますネ!
我が庭にも何処からか種が飛んできたのか…いっぱい咲いています
雄花の可憐さは秋を強調しますネ
当初我が家の庭のシュウカイドウは花芯が真ん丸な雄花ばかりでした
長い事シュウカイドウは雌雄異株かと思って居ましたら最近は下の方に雌花を見るようになりました
シュウカイドウを目にすると藤村の詩を思い出しますヨ
藤村はロマンチストですネ
ran1005
2015/09/14 16:51
ran1005さまへ
お立ち寄り有難うございます。
私は恥ずかしながら雌株と雄株の区別がつきません。
tabibito
2015/09/14 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋海棠、猩々草、仏桑華 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる