tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 白花曼珠沙華、現の証拠、山の芋のムカゴ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/09/13 11:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

画像

画像

シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)  ユリ科  ヒガンバナ属

別名: シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)

学名: Lycoris albiflora

原産地: わが国の九州から南西諸島、それに台湾に分布

多年草

「ヒガンバナ(L. radiata var. pumila)」の二倍体変種と「ショウキズイセン(L. aurea)」との種間交雑種だと考えられています。 9月ごろ、花茎を伸ばして淡黄色や淡いピンク色を帯びた白色の花を咲かせます。
白花曼珠沙華の根元に小さな赤い花が有るのに気づかれましたか?ゲンノショウコです。





画像

画像

ゲンノショウコ(現の証拠)  フウロソウ科 フウロソウ属

学名: Geranium thunbergii

原産地: わが国の各地をはじめ、台湾や朝鮮半島に分布

多年草

山野や道ばたなど、やや湿り気のあるところに生え、高さは30〜60センチになります。葉は掌状に3〜5深裂します。若葉には紫黒色の斑点があります。7月から10月ごろ、長い花柄の先に2個の花を咲かせます。赤花と白花があり、西日本には赤花(紅色から赤紫色)が多く、東・北日本には白花系が多いようです。下痢止めの薬草として有名で、「すぐに効き目が現れる」ことが語源です。




画像

画像

ヤマノイモのムカゴ(山の芋のムカゴ)  ヤマノイモ科  ヤマノイモ属

別名: トロロイモ、ジネンジョ

学名: Dioscorea japonica

原産地: 本州〜沖縄、朝鮮、中国

多年草

地上部分の葉腋には「ムカゴ」が出来る。 これは小型の球根のようなもので、これからも繁殖ができる。 種子もあるので、繁殖手段をいくつも用意している植物といえるだろう。 このムカゴも食べられる。





万葉集より抜粋

橘諸兄,難波,宴席,歓迎,元正天皇,伝誦,行幸

[題詞](太上皇御在於難波宮之時歌七首 [清足姫天皇也]) / 御製歌一首[和]
  
巻十八・四〇五八 作者  元正天皇 歌一首

多知婆奈能 登乎能多知婆奈 夜都代尓母 安礼波和須礼自 許乃多知婆奈乎
たちばなの とをのたちばな やつよにも あれはわすれじ このたちばなを


<大意>
橘の 唐の橘 八つ代にも 吾れは忘れじ この橘を


[tabibito的解釈]
橘と言えば唐の国の非時香菓(ときじくのかくのこのみ)とも呼ばれる橘、幾代にも私は忘れませんこの橘を。


<一言>
「八」は、無限の数量を表わす。

上記の歌で橘諸兄を讃えた歌となっている。

非時香菓(ときじくのかくのこのみ): 橘の古名(夏に実り秋冬になっても霜に耐え香味が変わらない木の実の意)。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
般若苑さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/09/13 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
白花曼珠沙華、現の証拠、山の芋のムカゴ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる