tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS ソラナム・ウエンドランディー、台湾連翹、ネリネ、昼顔? そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/08/12 20:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

相も変らず暑い日が続きますね、これだけ暑い中で甲子園球場では高校球児も観客も暑さをよく我慢できるものだと感心致します。(私はエアコンのきいた室内で熱いコーヒーを飲みながら眺めています)

画像

画像

ソラナム・ウェンドランディー  ナス科  ナス属

学名:  Solanum wendlandii

原産地: 中央アメリカのコスタリカが原産

蔓性木本

常緑または半常緑の蔓性で、長さは3〜6メートルになります。葉は長さ20センチほどですが、全縁から羽状裂するものなど変化に富んでいます。夏、茎の先に花序をだし、淡い紫色の花を咲かせます。花はやがて藤色から白色へと変化していきます。




画像

画像

タイワンレンギョウ (台湾連翹)  クマツヅラ科  タイワンレンギョウ属

学名: Duranta repens

原産地: 北アメリカ南部から南アメリカにかけて36種が分布 

常緑低木

写真は、花色が濃紫色で園芸品種の「宝塚(cv. Takarazuka)




画像

画像

ネリネ  ユリ科  ネリネ属

学名: Nerine saniensis cv.

原産地: 南アフリカ原産のサルニエンシス種(N. saruniensis)を中心に交配された園芸品種群 

多年草




画像

画像

ヒルガオ(昼顔)  ヒルガオ科  ヒルガオ属

学名: Calystegia japonica

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布

多年草

この花はひょっとすると昼顔とは別種でちゃんとした名前が有るのかもしれません、大きさは豆朝顔の倍くらいですが昼顔の半分くらいで花色は今のところ白色しか見ておりません。




万葉集より抜粋

天平廿年春三月廿五日,作者:大伴家持,土地讃美,叙景,氷見

[題詞]天平廿年春三月廾五日徃布勢水海道中馬上口号二首
  
巻十八・四〇四四 作者 大伴宿祢家持 歌一首

波萬へ余里 和我宇知由可波 宇美邊欲里 牟可倍母許奴可 安麻能都里夫祢
はまへより わがうちゆかば うみへより むかへもこぬか あまのつりぶね


<大意>
浜辺より 吾が打ち行かば 海辺より 迎へも来ぬか 海人の釣舟


[tabibito的解釈]
浜辺から馬に乗ったままで渚に乗り入れたが近くに漁師の船が見るからにゆったりとして浮かんでいるあの中の一艘でいいから迎えに来て海上から藤の花を見せてくれないものだろうか


<一言>
この歌から想像すると海上に突き出た崖から藤の花が垂れ下がって咲いている様子が素晴らしいのでしょう、それを見るには海中から見るしかなくやむなく馬に乗って海中に入ったけれど今一つ見るにいい場所に行けそうにないのでしょう

うちゆかば【打ち行かば】: 馬に乗ったままで海中に乗り入れる。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソラナム・ウエンドランディー、台湾連翹、ネリネ、昼顔? そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる