tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 酔芙蓉、と普通の芙蓉 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/08/06 14:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

今日も暑かったですね、北海道が九州よりも暑かったなんて、実際に北海道へ避暑目的で行った観光客がボヤイテ居るというのがテレビのレポーターも含めて実感として感じ取れました。
レポーターも北海道での取材と言うことで「涼しいところでの仕事で良かった!」ト、言うのが本音だと思うのですが実際は大違いダッタノデスネ、
でも関西の高槻に住んでいるtabibitoも今年の暑さにはもう限界に達しています。
冷蔵庫の麦茶に食塩を入れて少しでも多くの塩分を補充しようと、必死の有様です。
この暑さの中でも何とかブログを作りたいと思いながらもこの暑さです。家から100メートル以内しか出る勇気が起きないtabibitoです。
画像

画像

画像

スイフヨウ(酔芙蓉) アオイ科  フヨウ属

学名:  Hibiscus mutabilis cv. Versicol

原産地: わが国の四国、九州から台湾、中国に分布する「フヨウ」の園芸種。

落葉低木 
これが9時30分の状態です。
画像

そしてこれが13時30分の同じ場所での様子です。ほろ酔い状態でしょうかね、
画像

画像

上の状態は17時のようすです。



画像

画像

画像

フヨウ(芙蓉)  アオイ科  フヨウ属

学名:  Hibiscus mutabilis

原産地: わが国の四国・九州から台湾、中国に分布

落葉高木

こちらは普通の芙蓉ですこちらも朝9時に撮ったものですがこの後夕方までこの状態は変わりませんでした。
「むくげ」や「ハイビスカス」と同じアオイ科の仲間です。短い毛が密生した大きな葉は、ふつう浅く5裂します。熱帯・亜熱帯地方では常緑ですが、温帯では冬に落葉します。6月から9月にかけて、淡いピンク色の花を咲かせます。朝に開いて、夕方には萎む一日花です。




万葉集より抜粋

天平廿年春三月廿三日左大臣橘家之使者造酒司令史田邊福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒

題詞]天平廿年春三月廾三日左大臣橘家之使者造酒司令史田<邊>福麻呂饗于守大伴宿祢家持舘爰作新歌并便誦古詠各述心緒
  
巻十八・四〇四二 作者 田邊福麻呂 歌一首

敷治奈美能 佐伎由久見礼婆 保等登藝須 奈久倍吉登伎尓 知可豆伎尓家里
ふぢなみの さきゆくみれば ほととぎす なくべきときに ちかづきにけり


<大意>
藤波の 咲き行く見れば 霍公鳥 鳴くべき時に 近づきにけり 


[tabibito的解釈]
藤の房のつぼみの様子を見るとホトトギスがソロソロ来てなき始めるのではないでしょうか


<一言>
ふじなみ【藤波】: 藤の花が、波の動くように揺れるさま。 藤の花。

さきゆく【咲行く「】: 咲き加減。 咲いている状態。

なくべきとき【鳴くべき時】: そろそろ鳴き始める時期が来たのではなかろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
般若苑さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/08/09 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
酔芙蓉、と普通の芙蓉 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる