tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 風蘭、松葉菊、枸杞 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/07/01 10:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

今日から7月ですね、昨夜からの雨が強も降り続いています。
今日で丁度今年も半分過ぎたわけで何もしなくても日にちだけはドンドン過ぎていきます。
今年の七夕は星が見えるのでしょうか?(今はこんなことが気になるだけの毎日です。)

画像

画像

画像

画像

画像

フウラン(風蘭)  ラン科  バンダ属

別名: フウキラン(富貴蘭)

学名: Vanda falcata (= Neofinetia falcata )

原産地: 日本、朝鮮、中国

多年草




画像

画像

マツバギク(松葉菊)  ツルナ科  マツバギク属

学名: Lampranthus spectabilis

原産地: 南アフリカのケープ地方に分布

常緑多年草




画像

画像

画像

クコ(枸杞)  ナス科  クコ属

学名: Lycium chinense

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに台湾や朝鮮半島、中国に分>布

落葉低木

8月から9月ごろ、淡紫色または白色の花を咲かせます。晩秋には、小さな卵形の果実が真っ赤に熟します。葉は枸杞葉(くこよう)、果実は枸杞子(くこし)それに根は地骨皮(じこっぴ)と呼ばれて薬用にされます




万葉集より抜粋

天平廿年春、大伴宿祢家持郡内巡航,

[題詞]能登郡従發船射熊来村徃時作歌二首
  
巻十七・四〇二七 作者 大伴宿祢家持 歌一首

香嶋欲里  久麻吉乎左之氐 許具布祢能 可治等流間奈久 京師之於母倍由
かしまより くまきをさして こぐふねの かぢとるまなく みやこしおもほゆ


<大意>
香島より 熊来をさして 漕ぐ船の 楫取る間なく 都し思ほゆ


[tabibito的解釈]
香島から熊来を目指して漕ぐ船の楫を取る手を休める間もなく、都が偲ばれます


<一言>
かしま【香島】: 石川県七尾市

くまき【熊来】: 石川県七尾市北部


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
瞬く間に7月ですネ
夏至が終わると段々日が短くなるので気が急ぎます・・・
風蘭を咲かせていらっしゃる方がいらっしゃるのですか?
蘭類を自然で咲かせるのは難しいですネ
松葉菊が群生して綺麗ですネ

都の生活の刺激を思えば海は広々として変化なく・・・
何処まで漕いでも心は癒されないのでしょうか・・・
海辺に育って海辺しか知らない人々にとっては平安な暮らしでしょうにネ
ran1005
2015/07/02 16:53
ran1005さまへ
コメント有難う御座います。
私のtabibito的解釈がイマイチ解りにくいのでしょうか?
越中国守としての大伴家持の郡内巡航で高岡を出発に始まり能登半島を一周する旅でようやく七尾迄来たところでこの後珠洲、そして能登半島の先端まで行くことになります。巡察ですからただの物見遊山ではありません、おまけに家持はまだ結婚してそんなに年数が経っていない状態ですからことあるごとに都に残した愛妻を偲んでいるのは無理も無いのではないでしょうか?
tabibito
2015/07/02 18:33
般若苑さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/07/04 09:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
風蘭、松葉菊、枸杞 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる