tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 丘虎尾、半夏生、コリアンダー そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/06/05 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

画像

画像

オカトラノオ(丘虎尾)  サクラソウ科  オカトラノオ属

学名:  Lysimachia clethroides

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、インドシナ半島に分布

多年草

日当りの良い山野や丘陵などに生え、高さは30〜100センチになります。葉は長楕円形から狭卵形で、基部には短い柄があります。7月から8月ごろ、茎頂に円錐状の総状花序をだし、たくさんの白い花を咲かせます。名前は、花序がトラの尻尾のようなかたちに枝垂れることから。



画像

画像

画像

画像

ハンゲショウ(半夏生)  ドクダミ科  ハンゲショウ属

別名: ハンゲショウ(半化粧)

学名: Saururus chinensis

原産地: わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国、フィリピンに分布

多年草

湿地に生え、高さは50〜100センチになります。6月から8月ごろ、はじめは下垂し、あとで直立する花序をだし、白い花を咲かせます。花期になると、花序に近い葉の下半分が白く変化します。名前はこのことから「半化粧」、またその時期が夏至から11日目の「半夏生」の頃にあたることから。



画像

画像

画像

コリアンダー  セリ科  コエンドロ属

別名: タイでは「パクチー(Phak-chii)」、台湾では「シャンツァイ(香菜)」

学名: Coriandrum sativum

原産地: 地中海沿岸からから西アジアが原産

一・二年草

古代エジプトの時代から香料として利用されてきました。河岸や湿り気のある荒れ地に生え、高さは30〜50センチになります。葉は羽状複葉で、茎の上部では切れ込みが深くなります。6月から7月ごろ、複散形花序をだして淡紅色を帯びた白い花を咲かせます。




万葉集より抜粋

天平十九年年四月廿七日,作者:大伴家持,富山,山讃美,寿歌,儀礼歌,序詞,枕詞,国見,土地讃美,

[題詞]立山賦一首[并短歌] [此山者有新<川>郡也]

巻十七・四〇〇〇 作者 大伴宿祢家持 歌一首

安麻射可流 比奈尓名可加須 古思能奈可 久奴知許登其等 夜麻波之母 之自尓安礼登毛 加波〃之母 佐波尓由氣等毛 須賣加未能 宇之波伎伊麻須 尓比可波能 曽能多知夜麻尓 等許奈都尓 由伎布理之伎弖 於婆勢流 可多加比河波能 伎欲吉瀬尓 安佐欲比其等尓 多都奇利能 於毛比須疑米夜 安里我欲比 伊夜登之能播仁 余増能未母 布利佐氣見都〃 余呂豆餘能 可多良比具佐等 伊末太見奴 比等尓母都氣牟 於登能未毛 名能未母伎吉氐 登母之夫流我祢
あまざかる ひなになかかす こしのなか くぬちことごと やまはしも しじにあれども かははしも さはにゆけども すめかみの うしはきいます にひかはの そのたちやまに とこなつに ゆきふりしきて おばせる かたかひがはの きよきせに あさよひごとに たつきりの おもひすぎめや ありがよひ いやとしのはに よそのみも ふりさけみつつ よろづよの かたらひぐさと いまだみぬ ひとにもつげむ おとのみも なのみもききて ともしぶるがね


<大意>
天離る 鄙に名懸かす 越の中 国内ことごと 山はしも 繁にあれども 川はしも 多に行けども 統め神の 領きいます 新川の その立山に 常夏に 雪降り敷きて 帯ばせる 片貝川の 清き瀬に 朝夕ごとに 立つ霧の 思ひ過ぎめや あり通ひ いや年のはに 外のみも 振り放け見つつ 万代の 語らひ草と いまだ見ぬ 人にも告げむ 音のみも 名のみも聞きて 羨しぶるがね


[tabibito的解釈]
都から遠く離れた鄙に名をひびかせていらっしゃる越中の神々はたくさんいらっしゃるけれど国を治める神が統治されている新川の、その立山に、夏の最中に雪が降り積もり、山の裾野を帯のように取り巻く片貝川の清らかな瀬に、朝夕毎に立つ霧の、その霧がすぐに消えるように、どうして忘れることが出来るでしょうか。途絶えることなく通い、いや、毎年ごとに、遠くからだけでも見上げて眺めながら、万代に語り継ぐこと、未だ眺めていない人にも告げましょう。そうすれば、噂だけでも、名前だけでも聞いて、羨ましいと思うでしょう


<一言>
なかかす【名懸かす】: 名を轟かせる。
くぬちことごと【国内ことごと】: 国中に。
やまはし【山端】: 山波は。
しじに【繁に】: ぎっしり。 多く。
かわはし【川端】: 川筋。
さはに【多】: 多いこと。 あまた。 たくさん。
うしはく【領く】: 自分のものとして領有する。
にひかは【新川】: 〔地名〕「新川」は常願寺川の古名である。越中国の東半分を占め、神通川を境界として婦負郡に接していた。
おばせる【御座せる】: いらっしゃる。
かたかひがは【片貝川】: 富山県魚津市を流れる2級河川。
おもひすぎめや【思い過ぎめや】: 思い過ぎでしょうか。
ありがよい【在り通い】: ゆきかよう。 往来する。 常に通う。 
としのはに【年の端に】: 毎年。 としごと。 
よそのみも【他所の見も】: 他所から見ても。 遠くからだけでも。
おとのみも【音のみも】: 噂だけでも。
なのみも【名のみも】: 名前だけでも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
蓮、沼虎の尾、ポーチュラカ そして 万葉集より抜粋
ハス(蓮)  ハス科  ハス属 ...続きを見る
tabibito
2015/07/28 05:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丘虎尾、半夏生、コリアンダー そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる