tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 敦盛草 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/06/29 18:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 

今回は地図が最初に出てきたもので何だろうという方が多いと思いますが実は
私たちのグループ大碑会のメンバーが上の地図の左下にある「入笠山」に敦盛草(アツモリソウ)を見に行かれたのですが、私は現在体調が悪く山の登り下りに体力的に自信がなかったので私だけ欠席致しました。

只地図上の旗印がついているところはかってまだ現役で仕事をやっていた当時単身赴任で借りていたアパートの有ったところで実のところは懐かしくぜひ行ってかっての栄光の日々???に思いを致したかったのですが残念でした。
一枚目の写真は入笠山で撮られた「敦盛草」、そして二枚目の写真は入笠山の頂上から撮られた「八ヶ岳」だと思います。

画像

アツモリソウ(敦盛草)  ラン科  アツモリソウ属

学名: Cypripedium macranthum var. speciosum

原産地: わが国の本州、中部地方以北から北海道に分布しています。

多年草

山地帯から亜高山帯の草原や疎林に生え、高さは20〜30センチほどになります。
6月から7月ごろ、茎の先端に淡紅色や紅紫色の花を咲かせます。
名前は、花のかたちを平敦盛が背負っていた母衣(ほろ)に見立てたもの。絶滅危惧種にもなっています。



画像

ヤツガダケ(八ヶ岳)は、長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境にある山塊。南北30 km余りの山体で、大火山群である。深田久弥が選定した日本百名山の一つ。
最高峰: 赤岳 (2,899 m) - 最高峰

「八ヶ岳」は特定の一峰を指して呼ぶ名前ではなく、長野県と山梨県にまたがる山々の総称であるが、その範囲は「夏沢峠以南のいわゆる南八ヶ岳のみ」「南八ヶ岳及び北八ヶ岳の領域(蓼科山を除いた領域)」「蓼科山まで含んだ八ヶ岳連峰全体」など様々な定義がある。日本百名山でいう八ヶ岳は南八ヶ岳のみを指す。八ヶ岳連峰では他に蓼科山も日本百名山に選ばれている。

「八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から「谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在する。
  




万葉集より抜粋

天平廿年春、大伴宿祢家持郡内巡航,

[題詞]赴参氣太神宮行海邊之時作歌一首
  
巻十七・四〇二五 作者 大伴宿祢家持 歌一首

之乎路可良 多太古要久礼婆 波久比能海  安佐奈藝思多理 船梶母我毛
しをぢから ただこえくれば はくひのうみ あさなぎしたり ふねかぢもがも


<大意>
志雄路から 直越え来れば 羽咋の海 朝なぎしたり 船楫もがも


[tabibito的解釈]
氷見から宝達丘陵を越えて羽咋に至る山道を来ると目の前に朝凪の海が広がっていた、この鏡のような海面を見ると舟と櫂が欲しいなあ


<一言>
気太神宮:石川県羽咋市にある元国幣大社。

ただこえ【直越え】: まっすぐに越えること。

もがも〔助詞〕(終助詞 モガ にさらに モ を添えた語)その受ける語が話し手の願望の対象であることを表す。「 いてほしい」 「あってほしい」などの意。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 グループの旅行に、参加されず残念でした。
 今回は、心の故郷でもあるところだったのでなおさらですね。
 入笠山の敦盛草は、美しいですね。
 私もtabibitoさんに教えて頂いて、mt77さんやran1005さんのブログでこの地方の自然の美しさ、荘厳さを知りました。
般若苑
2015/06/30 22:07
般若苑様へ
コメントに気持ち玉も有難う御座いました。
そうなんですよ、長野県の野山の総てが心の故郷ですから今後多分二度とは行くことが出来ないのではないかと思うものですから、長野を紹介して頂いているブロウの総てを見せて頂きたいと思っています。
残念なのが写真では見ることが出来てもあそこの空気の美味しさだけは味わうことが出来ないことです。
tabibito
2015/06/30 22:33
旅行にいらっしゃれなくて残念でしたネ・・・
入笠山の山頂も制覇された様で、かなりハードだったのではないかと想像します
調度お天気の良い日に巡り合って参加者の皆さんの行いが良かったことを証明されましたネ(笑)
釜無アツモリソウは20年近く自生は皆無だそうです
以前、車山でもピンクのアツモリソウが咲いているのを見かけましたが・・・
野草に興味のある人口が増えてから自然で見られることは無くなりました
入笠山ロープウエーの自然公園で数年前から保護栽培される様になりました
やがて自然に自生する時が来ることを願って居ます

ran1005
2015/07/02 16:37
ran1005さまへ
コメントを有難う御座います。
私が参加しなかったので梅雨の最中だのにお天気が良かったのかもしれません。
大体今までも前以て日にちが決まって居ても当日に雨に降られることは少なかったのですよ。
本当に自然の状態で色んな野草が見られるようになればいいですね、私たちの子孫が植物園に行かなければ貴重な野草を見られないという状態にはしたくないですね、
年々絶滅危惧種の数が増える状態は植物や野生動物、昆虫類に限らずあるようで心配です。
tabibito
2015/07/02 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
敦盛草 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる