tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 大葉擬宝珠、鋸草、千鳥草 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/06/21 12:29   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

オオバギボウシ(大葉擬宝珠) ユリ科  ギボウシ属

学名: Hosta montana

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布

多年草

若芽は柔らかく、東北地方で「ウルイ」と呼ばれる山菜のひとつです。また「山かんぴょう」の名もあり、乾燥して保存食にも利用されます。




画像

画像

画像

ノコギリソウ(鋸草)  キク科  ノコギリソウ属  白花種

学名: Achillea alpina

原産地: わが国の本州と北海道、それに朝鮮半島や中国、ロシアの極東地方に分布

多年草



画像

画像

画像

ノコギリソウ(鋸草)  キク科  ノコギリソウ属  赤花種

学名: Achillea alpina

原産地: わが国の本州と北海道、それに朝鮮半島や中国、ロシアの極東地方に分布

多年草





画像

画像

チドリソウ(千鳥草)  キンポウゲ科  チドリソウ属

別名: ヒエンソウ(飛燕草)、ラークスパー

学名は Consolida ajacis

原産地: ヨーロッパ南部

一年草




万葉集より抜粋

天平廿年春正月廿九日、大伴宿祢家持

[題詞]不明
  
巻十七・四〇一七 作者 大伴宿祢家持 歌一首

東風  越俗語東風謂之安由乃可是也 伊多久布久良之 奈呉乃安麻能 都利須流乎夫祢 許藝可久流見由
あゆのかぜ あゆのかぜ         いたくふくらし なごのあまの つりするをぶね こぎかくるみゆ


<大意>
あゆの風 いたく吹くらし 奈呉の海人の 釣する小船 漕ぎ隠る見ゆ


[tabibito的解釈]
東からの風(越の俗語に東風をアユノカゼと言えり)が物凄く吹いているらしい奈呉の漁師の釣りする小舟が漕いでいるのが波間に見えたり隠れたりしている


<一言>
あゆのかぜ【東風】: 北、ないし東の風。 (この歌の中でアユノカゼとは越中の方言で東風のことだとわざわざ注釈を入れています。 )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大葉擬宝珠、鋸草、千鳥草 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる