tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS ナデシコ、アフリカ浜木綿、ツユクサ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/06/15 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

ナデシコ(撫子)  ナデシコ科  ナデシコ属

学名: Dianthus superbus var. longicalycinus

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布

多年草

今日のブログの万葉歌はナデシコです。結構このナデシコは万葉人に人気が有ったのですね、全巻を通して二十六首あります。




画像

画像

画像

アフリカハマユウ(アフリカ浜木綿)  ユリ科  ハマオモト属

学名:  Crinum bulbispermum .

原産地: 南アフリカ

常緑多年草

わが国へは明治時代のはじめに導入され、「インドはまゆう(Crinum latifolium)」と同定されました。広く普及してきましたが、最近になってやっと同定の誤りがあったことが判明し現在アフリカ浜木綿として同定されています。



画像

画像

画像

ツユクサ(露草)  ツユクサ科  ツユクサ属

学名: Commelina communis

原産地: わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国南部それにインドに分布

多年草




万葉集より抜粋

天平十九年五月二日,作者:大伴池主,贈答,大伴家持,枕詞,羈旅,出発,悲別,恋情,手向け,無事,高岡

[題詞](忽見入京述懐之作生別悲<兮>断腸万廻怨緒難禁聊奉所心一首并二絶)

巻十七・四〇一〇 作者 大伴宿祢池主 歌一首

宇良故非之 和賀勢能伎美波 奈泥之故我 波奈尓毛我母奈 安佐奈〃〃見牟
うらごひし わがせのきみは なでしこが はなにもがもな あさなさなみむ


<大意>
うら恋し 吾が背の君は なでしこが 花にもがもな 朝な朝な見む


[tabibito的解釈]
心より慕わしい親愛なる貴方が撫子の花であったらよいのに毎日、毎朝その花を見ることが出来るでしょう


<一言>
うらごいし【心恋し】: 心の中で恋しく思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
百合がまるでアガパンサスの様に沢山の蕾を付けていますネ
もしかしたらアガパンサスの大型種かも・・・
撫子は日本人の好きな花ですネ
信州でもカワラナデシコが咲き始めました!
小さな花・ツユクサのピントがぴったり合って居て気持ちが良いです!

万葉集の撫子は花弁が細かく裂ている日本古来の繊細なカワラナデシコでしょうか?
ran1005
2015/06/15 18:17
ran1005さまへ
コメントを有難う御座います。
今回の百合正直言って名前も品種も判らなかったのです。
私も万葉歌に詠われているナデシコはカワラナデシコではないかと思っています。
只、カワラナデシコは最近のブログに2回も載せましたので栽培種に変更しました。
tabibito
2015/06/15 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナデシコ、アフリカ浜木綿、ツユクサ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる