tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 金糸梅、虫取り撫子、アマリリス そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/05/25 10:47   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

画像

キンシバイ(金糸梅)  オトギリソウ科  オトギリソウ属

学名: Hypericum patulum

原産地: 中国

常緑低木




画像

画像

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)  ナデシコ科  マンテマ属

学名:  Silene armeria

原産地: ヨーロッパ南部

二年草




画像

画像

画像

画像

アマリリス  ユリ科  ヒッペアストルム属

学名: Hippeastrum hybridum

原産地: 南アメリカのペルーやブラジルが原産

多年草




万葉集より抜粋

天平十九年年四月廿日,作者:大伴家持,宴席,恋情,羈旅,出発,悲別,序詞,秦八千島,高岡

[題詞]大目秦忌寸八千嶋之舘餞守大伴宿祢家持宴歌二首

巻十七・三九九〇 作者  大伴宿祢家持 歌一首

和我勢故波 多麻尓母我毛奈 手尓麻伎氐 見都追由可牟乎 於吉氐伊加婆乎思
わがせこは たまにもがもな てにまきて みつつゆかむを おきていかばをし


<大意>
吾が背子は 玉にもがもな 手に巻きて 見つつ行かむを 置きて行かば惜し

 
[tabibito的解釈]
あなたが玉ででもあってほしい玉なら手首に巻いて一緒に行けるのに置いて行かなくてはならないというのが何とも残念に思う



,<一言>
右守大伴宿祢家持以正税帳須入京師 仍作此歌聊陳相別之嘆 四月廿日
(越前太守としての大伴宿祢家持が正税帳使として入京するにあたりいささかこの歌を作り別れを嘆く四月廿日)

この歌の”吾が背子”と言う言い方普通なら異性に対して使う言葉ですがこの場合自分の部下それも日頃可愛がっている部下に対してのものだと思います。当時はまれにこんな使い方をしたようですね、



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
般若苑様へ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/05/26 21:01
青木院長さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/05/26 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
金糸梅、虫取り撫子、アマリリス そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる