tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS クフエア、白丁花、児の手柏 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/05/24 12:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

夾竹桃の花が一つだけ咲いているのを見つけました。
もう少し咲き揃ったら白色の花も含めてお見せしたいと思っています。



画像

画像

メキシコハナヤナギ(メキシコ花柳)  ミソハギ科  クフエア属

別名: クフエア

学名: Cuphea hyssopifolia

原産地: メキシコからグアテマラにかけて分布

常緑小低木

「クフエア」だけで検索すると、クフエア・キースホワイトやクフェア・ランケオラータのように似ても似つかない物がヒットしてビックリしてしまいます。



画像

画像

画像

ハクチョウゲ(白丁花)  アカネ科  ハクチョウゲ属

学名: Serissa japonica

原産地: 中国や台湾それにインドシナ半島に分布

常緑小低木

「白丁花」は斑入りのものや花色が淡い紫色のものなどが有るのですが今回それがどのお宅に植わっていたのか思い出せません。




画像

画像

コノテガシワ(児手柏)  ヒノキ科  ネズコ属常緑高木  

学名: Thuja orientalis

原産地: 中国が原産

常緑高木

名前は、小枝の広がったかたちが、子どもの掌に似ていることから。




万葉集より抜粋

天平十九年年四月廿日,作者:大伴家持,宴席,恋情,羈旅,出発,悲別,序詞,秦八千島,高岡

[題詞]大目秦忌寸八千嶋之舘餞守大伴宿祢家持宴歌二首

巻十七・三九八九 作者  大伴宿祢家持 歌一首

奈呉能宇美能 意吉都之良奈美 志苦思苦尓 於毛保要武可母 多知和可礼奈婆
なごのうみの おきつしらなみ しくしくに おもほえむかも たちわかれなば


<大意>
奈呉の海の 沖つ白波 しくしくに 思ほえむかも 立ち別れなば 


[tabibito的解釈]
奈呉の海の沖に立っている白波のように絶え間なく思うことでしょうお別れして都に行けば
 

<一言>
この歌が詠まれた天平十九年四月二十日は家持が税帳使(律令時代の四度使(しどのつかい)の一。諸国から毎年正税帳を太政(だいじよう)官に持参する使。税帳使。正税使。)として五月に都に上るにあたって暫くの間お別れと言うことで開かれた宴の際に詠まれたもので今と違って富山から都の有った奈良までの往復には相当日にちが掛かったでしょうから今から考えれば少々大げさな送別会が開かれたのでしょう。

なごのうみ【奈呉の海】: 富山県高岡市北部伏木港の東一帯の地。 今の放生津潟が万葉集奈呉の海の名残。 

しくしくに【頻頻に】: うちつづいて。 頻繁に。

たちわかれ【立ち別れ】: わかれる。 別れて行く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
くーさんへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/05/25 09:49
青木院長さまへ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/05/25 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
クフエア、白丁花、児の手柏 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる