tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 万作、梅花、四十雀 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/02/11 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

画像

マンサク(万作)  マンサク科  マンサク属

学名: Hamamelis japonica

原産地: 本州、四国、九州

落葉小高木

万作が咲き始めました。まるでクリスマスパーティーか誕生日の祝いの席で鳴らされるクラッカーの中のテープのように細長い花びらこの花が咲くとお米が豊作に成ると言われ縁起のいい木です。



画像

画像

画像

梅の花も紅白に限らず八重と一重の種類がありますね、私はどちらかというと一重のほうが好きですが皆さんはいかがですか?
桜の場合はどちらも好きですがバラは八重が良いですね、椿は一重のほうが気品があるような気がします。


画像

画像

シジュウカラ(四十雀)  スズメ目  シジュウカラ属

学名: Parus major

大きさ: L=15p

街路樹の枝先にとまってツピーツピーと明るい声でさえずる小鳥。全体に白と黒に見えるスズメ大のカラ類で、白い頬と胸から腹に続くネクタイのような黒い帯に特徴がある。背は黄緑色を帯び、翼には1本の白い帯がある。留鳥としてほぼ全国に分布し、平地から山地までの明るい広葉樹林に生息する。地鳴きは変化に富んでいるが、ジュクジュクという声に特徴がある。
(それにしてもシジュウカラやゴジュウカラというと私の年代では四十肩・五十肩と聞こえて仕方がありません)



万葉集より抜粋



巻十七・三九一八   作者 大伴宿祢家持

橘乃    尓保敝流苑尓  保登等藝須 鳴等比登都具  安美佐散麻之乎
たちばなの にほへるそのに ほととぎす なくとひとつぐ あみささましを


<大意>
橘の にほへる園に 霍公鳥 鳴くと人告ぐ 網ささましを
 

[tabibito的解釈]
橘の花が盛りの庭で霍公鳥が鳴いていると人が知らせてくれた網を張って捕えておけばよかったなあ


<一言>
[題詞](十六年四月五日獨居平城故宅作歌六首)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
万作、梅花、四十雀 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる