tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅が咲いていました。 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2015/01/26 14:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

先日蝋梅の写真をお見せしたときに梅の花が見られるのはマダマダと言っていましたが。
今日公園に行ってみると咲いている樹が見つかりました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ウメ(梅)  バラ科  サクラ属

学名: Armeniaca mume (=Prunus mume)

原産地: 中国

落葉小高木

今日お見せした以外の樹はまだ固い蕾のものが多かったのですがこれからボチボチ咲いているものも増えるでしょうそしてウグイスは無理でもメジロは顔を見せてくれるはずです。
下の万葉歌のようなホトトギスはこの辺りではみかけません。



万葉集より抜粋

橙橘初咲、霍公鳥飜嚶。對此時候、�毫不暢志。因作三首短謌、以散欝結之緒耳

右、四月三日、内舎人大伴宿祢家持、従久邇京報送弟書持

(左注 右は、四月三日に、内舎人の大伴宿祢家持の久邇京より弟書持に報(こた)へ送れり)

巻十七・三九一三   作者 大伴宿祢家持

保登等藝須 安不知能枝尓  由吉底居者 花波知良牟奈  珠登見流麻泥
ほととぎす あふちのえだに ゆきてゐば はなはちらむな たまとみるまで


<大意>
霍公鳥(ほととぎす)楝(あふち)の枝に行きて居(ゐ)ば花は散らむな珠と見るまで


[tabibito的解釈]
ホトトギスよ、楝の枝に飛び来て留っていると、花は散るだろうなあ。珠が紐が切れ飛び散るように


<一言>
大伴書持(おおとものふみもち): ?−746 奈良時代の歌人。
大伴旅人(たびと)の子。大伴家持(やかもち)の弟。天平(てんぴょう)10年橘諸兄(もろえ)の旧宅でもよおされた宴に参加し,よんだ歌が「万葉集」巻8におさめられている。また書持の死をいたむ家持の歌が「万葉集」巻17にある。天平18年9月死去

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
般若苑様へ
気持ち玉を有難う御座いました。
tabibito
2015/01/27 18:03
ご無沙汰してしまいました・・・
そちらでは紅梅・白梅が咲き始めてたのですネ!素晴らしい!
こちらでは花がほとんど見られず・・・
お正月の福寿草から未だ花らしきを見ていません・・・
パソコン8.1に変えられたのですネ・・・
私も使っていたパソコンが使用出来なくなるとかで・・・
子供が8.1に変えてくれましたが、blogのアップはそう変わらなかったのですが、ワードやエクセルがすごくバージョンアップして戸惑いました
老化した頭脳を駆使してやっと現在事無きを得ています。
慣れてみますと何ということはありませんが、当初は肩が凝りました(笑)
今年は諏訪湖に飛来している渡り鳥も種類が少なめで・・・
出掛ける気になれないでいます。
私も庭に果物を刺してメジロの来るのを期待しているのですが・・・
何時もヒヨドリに先を越されて無くなって居ます
梅にはメジロが来ますでしょうネ!
そちらはもう春ですネ!
ran1005
2015/01/28 19:53
ran1005さまへ
コメント有難うございました。
マダマダ解らないことが出てくる毎日ですがようやく以前の状態に戻ってきたかなという状態です。
メジロが今の時期にはピッタリですからね、ウグイスは本来昆虫などの小動物を主食にしていますからメジロのように花の蜜を求めては来ないのが残念です。
tabibito
2015/01/29 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅が咲いていました。 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる