tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 昆虫、オンシジュウム、石蕗、ヒマラヤユキノシタ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/11/17 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

ツユムシ  バッタ目  ツユムシ科

学名: Phaneroptera falcata

大きさ: 13-15mm (翅端まで)29-37mm

時 期: 7-11月

分 布: 北海道・本州・四国・九州・奄美大島

この名前には自信が有りませんが全身が淡黄緑色の昆虫はコレしか思い浮かびませんでした。




画像

画像

画像

オンシジューム・アンプリアタム  ラン科  オンシジューム属 

学名: Oncidium ampliatum

原産地: コスタリカ、グアテマラ

多年草
  


画像

画像

画像

画像

ツワブキ(石蕗)  キク科  ツワブキ属 

学名: Farfugium japonicum

原産地: 日本(中部地方以南)

多年草



画像

画像

画像

ヒマラヤユキノシタ  ユキノシタ科  ヒマラヤユキノシタ属 

学名: Bergenia stracheyi

原産地: アジア中東部

多年草



万葉集より抜粋

原文及び読み

能登國謌三首 

巻十六・三八八〇   作者: 不明 

所聞多祢乃 机之嶋能    小螺乎   伊拾持来而    石以   都追伎破夫利 早川尓   洗濯     辛塩尓   古胡登毛美 高坏尓盛    机尓立而    母尓奉都也   目豆兒乃[刀屓 父尓獻都也   身女兒乃屓
 かしまねの つくゑのしまの しただみを いひりひもちきて いしもち つつきやぶり はやかはに あらひすすき からしほに こごともみ たかつきにもり つくゑにたてて ははにあへつや めづこのふき   ちちにあへつや みめこのひいき


<大意>
鹿島嶺の机の島のしただみをい拾ひ持ち来て石もちつつき破り早川に洗ひ濯ぎ辛塩にこごと揉み高坏に盛り机に立てて ははにあへつや目豆児のふき父にあへつや身女児のひいき


[tabibito的解釈]
鹿島の峰伝いの机の島の小螺(シジミ)を拾い集めて来て石で殻をつつき破り早川で洗い濯いで辛塩に転がして揉んで 高杯に盛って机に立てて母親に上げたか可愛い子のそなた父親に上げたか愛し子とお気に入りのそなた


<一言>
多分一人っ子の娘が海岸でゼゼガイと言うのでしょうか貝を拾って来て一丁前にお母さんの真似をして一品だけだけれど塩辛のオカズを作って呉れたのでしょうね、眼に入れても痛くないほど可愛い様子がよく読み取れる歌ですね

かしまね【鹿島嶺】 : 石川県七尾市東方の宝達山脈か?

しただみ【細螺・扁螺】 : ニシキウズ科の巻貝。 きしゃご。 ぜぜがい。 いしゃらがい。

いひり・う【い拾ふ】 : (イは接頭語) ひろう。

つつ・く【突く】 : 何回も突く。 また、軽く突く。

からしほに【辛塩に】 : 塩辛に。

こごと〔副〕一説に「ここだ」の上代東国方言。 こんなに多く。 こんなに甚だしく。

あへつや : 饗(あふ)の意で食物をもてなす

めづこ【愛づ子】 : かわいい子。 愛する子。 いとしご。 まなご。


石川県七尾市中島町机島

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/11/18 13:40
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/11/18 13:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
昆虫、オンシジュウム、石蕗、ヒマラヤユキノシタ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる