tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 木槿、不明な花、アベリア、ベニシジミ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/10/12 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

画像

ムクゲ(木槿)  アオイ科  フヨウ属

別名: ハチス

学名: Hibiscus syriacus

原産地: 中国

落葉低木

ムクゲには赤花や白花が有りますが私はこの紫ががった青系の花が格別好きなので花の時期も遅く少し草臥れていますが敢えて載せました。



画像

画像

画像

名前が解りません。何方か教えて下さい。



画像

画像

画像

アベリア‘エドワード・ゴーチャー’  スイカズラ科  ツクバネウツギ属

学名: Abelia x grandiflora cv. Edward Goucher

原産地: 栽培種

常緑低木
  
アベリアの園芸品種、通常のアベリアは花が白色だが、本品種は淡いピンク色になり、花形もやや大きいおまけに斑入りなので載せました。




画像

画像

ベニシジミ(紅蜆)  チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ亜科

学名: Lycaena phlaeas

大きさ: (前翅長)13-19mm

時 期: 3-11月

分 布: 北海道・本州・四国・九州




万葉集より抜粋

原文及び読み

筑前國志賀白水郎歌十首 

巻十六・三八六〇   作者: 山上憶良 

王之    不遣尓     情進尓   行之荒雄良   奥尓袖振
 おほきみの つかはさなくに さかしらに ゆきしあらをら おきにそでふる


[左注]
右以神龜年中大宰府差筑前國宗像郡之百姓宗形部津麻呂宛對馬送粮舶柁師也
于時津麻呂詣於滓屋郡志賀村白水郎荒雄之許語曰
僕有小事若疑不許歟
荒雄答曰 走雖異郡同船日久
志篤兄弟在於殉死
豈復辞哉
津麻呂曰府官差僕宛對馬送粮舶柁師
容齒衰老不堪海路
故来祇候願垂相替矣
於是荒雄許諾遂従彼事自肥前國松浦縣美祢良久<埼>發舶直射對馬渡海登時忽天暗冥暴風交雨竟無順風沈没海中焉
因斯妻子等不勝犢慕裁作此歌
或云 筑前國守山上憶良臣悲感妻子之傷述志而作此歌


([左注]約 右は神亀年代の時に大宰府役人が筑前國宗像郡の百姓宗形部津麿を對馬宛に食糧を送る船の小役人とした(「舶抱師」:船に乗る小役人の意味)この時津麻呂は滓屋郡の志賀村の海人である荒雄の許に詣りて語り云うには 「僕にある嘆きを聞いてくれるでしょうか」  荒雄は答へて云うには 「住む郡は違うが船を同じくする月日は久しい 志は兄弟よりも篤く生死を共にしよう どうして辞退しようか」 津麻呂が云うには 「大宰府官が私を對馬に向けて食糧を送る船の小役人に指名した身体が老衰して対馬への海路には耐えられない 故に来た 首を垂れて願う 私と替ってくれ」 荒雄は許諾しその任務に従って肥前國の松浦縣の美祢良久の崎から舶を出し直ちに對馬へ海を渡った。この途上にわかに空は暗くなり、暴風に雨を交へ、ついに順風無く海中に没した これによって妻子等は悲痛の情を抑えることが出来ずこの歌を作った。 あるいは云うには 筑前國守山上憶良臣が、妻子の悲痛を同情し荒雄の志を述べてこの謌を作った。)

<大意>
大君の 遣はさなくに さかしらに 行きし荒雄ら 沖に袖振る


[tabibito的解釈]
王が遣わした訳でもないのに、情けをかけて旅立って行った荒雄たちが、沖で袖を振る


<一言>
事件で出来た伝説
 ここで紹介する歌は、事件で出来た歌や顛末を集めて、一つの歌物語の形にしたものと解釈しています。
この歌の事件の背景は、九州から壱岐対馬航路で起きた海難事故とその事件の顛末です。なお、顛末は左注の漢文訳を参照願います。人間模様が難しく、公として褒めるか、罰するか難しい事件だったようですが、大宰師の大伴旅人と筑前国守の山上憶良との協議で、最終的には褒めることになったようです。

さかしら【賢しら】 : 賢そうに振る舞うこと。 利口ぶること。 差し出たふるまい。 お節介。

あらお【荒雄・荒男】 : あらし・お(荒男)におなじ。 荒々しい男。 猛き男。 荒くれ男。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/10/14 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
木槿、不明な花、アベリア、ベニシジミ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる