tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS アレチヌスビトハギ、アサザ、アンゲロニア そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/09/12 18:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

いまや公園の遊歩道はアチラを見てもコチラを見てもアレチヌスビトの花盛りです。
そして名前の由来になった盗人の足袋の形をした実も出来てモウ此の中に足を踏み入れるとズボンのアチコチに此の実がくっついてしまいます。
画像

画像

画像

画像

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)  マメ科  ヌスビトハギ属

学名: Desmodium paniculatum

原産地: 北アメリカ東部に広く分布

多年草


コチラも公園の中の池に増えて来たアサザです。今年の春公園の管理者が根こそぎ抜いて一時は今年はこの花を見ることが出来ないかと思って思っていましたが根が残っていたのでしょう今徐々に増え始め写真の状態まで回復してきました。
実はこの植物絶滅危惧種に指定されているのですが残念ながらこの池の管理者はその事を知らないようなのです。
画像

画像

画像

画像

アサザ(阿佐佐)  ミツガシワ科  アサザ属

学名: Nymphoides peltata

原産地: わが国の本州から四国・九州をはじめ、北半球の温帯地域に広く分布

水生多年草


画像

画像

画像

画像

アンゲロニア  ゴマノハグサ科  アンゲロニア属

学名: Angelonia angustifolia

原産地: メキシコから西インド諸島に分布

常緑多年草



万葉集より抜粋

原文及び読み

雑歌,伝承,新田部皇子,奈良,物名,戯笑,宴席

巻十六・三八三五  作者不明 

勝間田之  池者我知    蓮無    然言君之    鬚無如之
 かつまたの いけはわれしる はちすなし しかいふきみが ひげなきごとし


<大意> 
勝間田の 池は吾れ知る 蓮なし しか言ふ君が 髭なきごとし


[tabibito的解釈]
勝間田の池を私はよく知っています蓮はありませんそう言う貴方にお髭がないように


<一言>
[左注]
右は或る人が聞いた
新田部親王が都の中にお出ましになり、勝間田の池を御覧になって、御心に感じるところがあった
その池から帰った後も感動に耐えなかった
そこで、婦人に語って云うには
今日出かけていって、勝田の池を見ると
水面は煌きながら揺れ動き、蓮の花は赤々と照り映えていた
美しさは腹に沁みを言葉に出来ない
そこで婦人が、この戯れの歌を作って、もっぱら、口ずさんだ浮気は見え見えよ と

髭が立派で有名だという新田部親王の髭は本当はつけ髭だったのですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/13 20:36
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/14 08:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
アレチヌスビトハギ、アサザ、アンゲロニア そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる