tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 高三郎、大錦草、紅蜆 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/09/06 16:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像

画像

タカサブロウ(高三郎) キク科  タカサブロウ属

学名: Eclipta thermalis

原産地: わが国の本州から四国・九州に分布

一年草

何か曰くが有りそうな名前で以前から気になっていた雑草です。漢方では乾燥したものを煎じて、血尿や血便の止血に用いるそうですが綺麗でもなんでもない花です。



画像

画像

画像

オオニシキソウ(大錦草)  トウダイグサ科  トウダイグサ属

学名: Euphorbia maculata

原産地: 北アメリカ

一年草

これも大袈裟な名前ですがれっきとした雑草です。似たのでコニシキソウ(小錦草)というのもあります。


画像

ベニシジミ(紅蜆)  チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ亜科

学名: Lycaena phlaeas

大きさ: (前翅長)13-19mm

時 期: 3-11月

分 布: 北海道・本州・四国・九州

今日は地味な雑草しか見つからなかったのでお詫びに色鮮やかな蝶々を載せました


万葉集より抜粋

原文及び読み

雑歌,物名,宴席,戯笑,即興,誦詠,詠白鷺啄木飛歌

巻十六・三八三一 作者:長意吉麻呂

池神    力士儛可母   白鷺乃   桙啄持而    飛渡良武
いけかみの りきじまひかも しらさぎの ほこくひもちて とびわたるらむ


<大意>
池神の 力士舞かも 白鷺の 桙啄ひ持ちて 飛び渡るらむ


[tabibito的解釈]
池神の寺で演ずる男女の力士舞なのだろうか白鷺が桙で切り落としたものをくわえて飛び渡っていくように女が男を外へ連れ出しているよ


<一言>
いけかみ【池神】 : 当時の地名で池神、現在の地名で磯城郡田原本町大字法貴寺(かって法起寺とも呼ばれた)。

りきじまい【力士舞】 : 伎楽の演目の一。金剛力士にふんした舞人が矛(ほこ)を持って舞う。男根を打ち折る身振り(煩悩摧破(さいは)の意か)がある。まら振り舞。

しらさぎ【白鷺】 : 宴席で女性が男性を誘惑して連れ出している風情を白鷺に譬えています。

くひ【啄ひ】 : 咥える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/06 21:05
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/09/08 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
高三郎、大錦草、紅蜆 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる