tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 小式部、現の証拠、痰切り豆、水引 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/09/30 16:14   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


画像

画像

コムラサキ(小紫)  クマツヅラ科  ムラサキシキブ属 

別名: コシキブ(小式部)

学名: Callicarpa dichotoma

原産地: 本州〜沖縄、朝鮮、中国、台湾

落葉低木



画像

画像

画像

ゲンノショウコ(現の証拠)  フウロソウ科  フウロソウ属 

学名: Geranium nepalense

原産地: 南千島、北海道〜奄美大島、朝鮮、台湾

多年草

大阪では圧倒的に赤花が多く白花は未だ二、三度くらいしか見て居りません。




画像

画像

画像

タンキリマメ(痰切り豆)  マメ科  タンキリマメ属

学名: Rhynchosia volubilis

原産地: わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布

多年草



画像

画像

画像

画像

ミズヒキ(水引)  タデ科ミズヒキ属 

学名: Antenoron filiforme

原産地: 北海道〜沖縄、朝鮮、中国、インドシナ、ヒマラヤ

多年草




万葉集より抜粋

原文及び読み

雑歌,無常,厭世,須弥山,華厳経,川原寺,明日香,奈良

巻十六・三八五〇   作者不明  

世間之   繁借廬尓    住〃而   将至國之    多附不知聞
 よのなかの しげきかりほに すみすみて いたらむくにの たづきしらずも


右歌二首河原寺之佛堂裏在倭琴面之
(上の歌二首は奈良の川原寺の仏堂に有った琴の面に書いてあったと言う)

<大意> 
世間の 繁き刈廬に 住み住みて 至らむ国の たづき知らずも


[tabibito的解釈]
この世を煩わしい仮の住家だと暮らしていてもいつかは行くあの世のことはどのように暮せばいいか方法も何も解ってはいないのだ


<一言>
ソウナンデスヨね生きていくのが嫌になってあの世に行けば今よりはマシなんじゃないかなんて思ってもあの世から帰って来た人の話を聞いた訳じゃないしアッチへ行ったらその日その日の暮らしをどうして暮せばいいのか
生活費などはどうして稼げばいいのか何一つ解っていないのですからネ

しげきかりほ【繁き刈廬】 : わずらわしい仮の住まい。

すみすみて【住み住みて】 : 住み続けて。

いたらむくに【至らむ国】 : 行きつくところの国=あの世。

たづき【方便】 : (語源は「手付き」か。) 手がかり。 手段。 生活の手段。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲンノショウコの花は白しか見たことが無い気がします。ミズヒキが、紅白あるなんて初めて知りました。毎日万葉歌と数々の植物のアップの両方は大変でしょうねえ。尊敬してます。
あの世に逝ってからの暮らしを憂うることはないですね。キット夢のように良い所なんですよ。ダッテ、一度行ったら二度と誰も戻ってきませんもの。それほど天国なんですよ 
かあさん
2014/09/30 20:16
かあさんへ
ゲンノショウコ伊吹山より東では白花、西では赤花が多いのです。水引は何時もピント合わせに苦労しています。
あすも仏教的な思想の万葉歌になりますが我慢して見て下さいね。
tabibito
2014/09/30 20:43
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/10/01 21:38
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/10/02 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
小式部、現の証拠、痰切り豆、水引 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる