tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 山萩、合歓の木、房藤空木 そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/09/29 05:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

画像

画像

ヤマハギ(山萩)  マメ科  ハギ属 

学名: Lespedeza bicolor

原産地: 北海道〜九州、朝鮮、中国東北部、ウスリー

落葉低木


画像

画像

画像

ネムノキ(合歓木)  マメ科  ネムノキ属 

学名: Albizia julibrissin

原産地: 本州、四国、九州、沖縄、台湾、中国、朝鮮、東南アジア     

落葉高木

三枚の写真の内最後は同じ合歓の木ですが同じマメ科ですがカリアンドラ属の紅合歓Calliandra eriophyllaです。


画像

画像

ブッドレア  フジウツギ科  フジウツギ属

別名: フサフジウツギ(房藤空木)

学名: Buddleja davidii

原産地: 中国

落葉低木



万葉集より抜粋

原文及び読み

雑歌,無常,厭世,須弥山,華厳経,川原寺,明日香,奈良

巻十六・三八四九   作者不明  

生死之   二海乎     厭見    潮干乃山乎   之努比鶴鴨
 いきしにの ふたつのうみを いとはしみ しほひのやまを しのひつるかも

猒世間無常歌二首の内一首
(標訓 世間(よのなか)を厭(いと)ひ、常(つね)無き謌二首の内の一種)

<大意> 
生き死にの 二つの海を 厭はしみ 潮干の山を 偲ひつるかも


[tabibito的解釈]
生まれ、死ぬと二つの海があるこの世の中が厭わしい潮の満ちることもない山で暮らしたいなあ


<一言>
初期の万葉歌には仏教思想の影響が少なく喜怒哀楽も素直な物が多かったのですが此の辺りになると明らかに仏教の影響を受けた厭世感を漂わせる歌が見られますね。

ふたつのうみ【二つの海】 : 生と死の二つが有る世界。 すなわち現世。

いとはしい【厭はしい】 : 嫌である。 好ましくない。 忌むべきことである。 わずらわしい。

しおひのやま【潮干の山】 : 生死常ならぬ煩悩の世界を海に譬え、その海の潮の及ばぬ山の意で、すなわち悟りの世界。 彼岸。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/10/01 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
山萩、合歓の木、房藤空木 そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる