tabibito

アクセスカウンタ

zoom RSS 不明な花、吾亦紅、クルクマ そして 万葉集より抜粋

<<   作成日時 : 2014/08/22 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 
画像

不明な花ヒョットスルト(センノウ)かも知れないと考えています。


画像

画像

画像

画像

画像
 
ワレモコウ(吾亦紅)  バラ科  ワレモコウ属

学名: Sanguisorba officinalis

原産地: わが国の各地をはじめ、アジアからヨーロッパに広く分布

多年草

読みは同じですが漢字表記は我吾紅、吾亦紅,吾木香,我毛紅などがある。
それでなくても野に有れば殆んど目立たない位地味な花ですが一体花の色は何色だろうと思ったら花自身が「私も紅ですよ!」と自己主張したと言うのですが納得ですね。
(一枚目の写真でお分かりでしょうか?コレも又ピントが合わせにくい花で何枚も撮りましたがドウシテモ他の物にピントが合ってしまいます。)


画像

画像

クルクマ・シャローム  ショウガ科  ウコン属

学名: Curcuma alismatifolia

原産地: タイの北部から東北部に分布

多年草



万葉集より抜粋

原文及び読み

,詠行騰蔓菁食薦屋樑歌

巻十六・三八二五   作者 長忌寸意吉麻呂

食薦敷   蔓菁煮将来   樑尓    行騰懸而    息此公
すこもしき あをなにもちこ うつはりに むかばきかけて やすむこのきみ


<大意>
食薦敷き 青菜煮て来む うつ梁に むかばき懸けて 息しこの君


[tabibito的解釈]
食事の食薦を敷いて、少しだけ青菜を煮て持って来い。あそこで梁(うつはり)に行縢(むかばき)を懸(か)けて寝ている奴に(食わしてやろう)


<一言>
宴会の途中で寝てしまった仲間に対するからかいの歌です

「息此公」の「息」は「おき」と読みますから、「懸」と「息」は、声に出して歌を詠う時に「かける」と「おく」という動作で同じ意味を想像させます。また、「息此公」は「おきしこのきみ」の音読みでは、男は起きているようですが、漢字表記では寝ています。

すごも【食薦・簀薦】 : 神祭または大饗の時、神膳または机の下に敷くもの。 

うつはり【梁】 : 柱の上に渡し小屋組みを受ける横木。

むかばき【行縢・行騰】 : 山野を歩く時、足に着けるもの。 鹿・熊・虎などの毛皮で作り腰から脚にかけて被いとしたもの。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/08/23 11:44
青木院長さまへ
気持ち玉を有難うございました。
tabibito
2014/08/26 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
不明な花、吾亦紅、クルクマ そして 万葉集より抜粋 tabibito/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる